2022年1月17日
ホーム 著者 からの投稿 スタッフ

スタッフ

1091 投稿 0 コメント

オンタリオ州、17日より対面授業再開へ

Canada News by Vancouver Shinpo; Designed by ©Vancouver Shinpo

 オミクロン株の感染急拡大を受け、オンライン授業に移行していたオンタリオ州が、1月17日から対面授業を再開する。再開に向け、ステファン・レッチェ州教育大臣は1月12日、学校関係者には900万枚のN95マスク、生徒に400万枚の3層構造のマスクを準備していると明らかにした。

 オンタリオ州の公立小中高校では当初、1月3日から授業を再開する予定だった。しかし、12月30日に1月5日からに延期、さらに1月3日には5日から17日まではオンライン授業にすることを決定した。

 関係者らの関心を集めていた対面授業の再開時期についてだが、予定どおり17日に再開すると10日に発表。レッチェ州教育大臣は対面授業開始を延期したことで、コロナワクチンのブースター接種が進んだほか、空気洗浄のためのHEPA フィルターを準備したと語った。

 同州では退職した教員の雇用について、オンタリオ教員連盟(Ontario Teachers’ Federation)と新たに合意。感染拡大による起こる可能性がある人材不足に対応する。

 また、関係者や生徒のために390万セットのラピッドテストも準備。生徒たちは17日に学校が再開すると2セットの配布を受ける。迅速に確認することで、感染拡大を防ぐのが狙いだ。

退職した教員の雇用について、オンタリオ教員連盟(Ontario Teachers’ Federation)と新たに合意したことを語る・レッチェ州教育大臣。

合わせて読みたい関連記事

バンクーバー警察が女性向け防犯ワークショップ

 バンクーバー警察の女性警察官のグループが、女性向けの防犯ワークショップを定期的に開催している。

 加害者は被害者の隙を狙う傾向にあるなど、女性が襲われやすい状況、リスクをいかに認識するか、暴行の被害を避けるための対策、さらには危険な状況に陥った時にうまく逃れる方法など実用的なアイデアを紹介する。

 ワークショップはZoomを用いてバーチャルで行う。今年1回目は1月20日午後6時からを予定している。16歳以上の女性が対象となっている。

2022年ワークショップ予定

  • 1月20日
  • 2月17日
  • 4月7日
  • 5月12日

申し込み:
wpst@vpd.caにワークショップの3営業日前までにe-mailで申し込む。メールタイトルに「REGISTRATION」と明記。メールには参加希望日、氏名、申込者のemailアドレスを明記。

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい

品薄のライスクリスピー、もうすぐ供給再開か

Canada News by Vancouver Shinpo; Designed by ©Vancouver Shinpo

 サクサクライスのシリアル、ケロッグ社のライスクリスピー。定番の手作りおやつ、ライスクリスピースクエアの材料としても使用される。このライスクリスピーがこの冬、店頭から姿を消している。

 原因は新型コロナウイルス感染拡大によるサプライチェーンの混乱や、アメリカでのケロッグ社工場での労使紛争の影響という。

 紛争はミシガン州バトルクリーク、ネブラスカ州オマハ、ペンシルバニア州ランカスター、テネシー州メンフィスの工場従業員の組合と、ケロッグ社間のもので、10月5日に始まった。ケロッグ社では危機管理計画に基づき、対応していたが、需要が高まるクリスマス時期も品薄の状態が続いていた。

 組合側が12月21日に合意に応じたことで、77日間に及んだストライキが終了。ケロッグ・カナダは、バンクーバー新報からの問い合わせに対して、一部製品が供給不足になっているが、できるだけ早く販売を再開するように努めていると回答した。

 ただし、供給再開時期については明らかにしなかった。

合わせて読みたい関連記事

2021年名前ランキングでも1位はオリビア

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州保健省が2021年生まれの子どもの名前のランキングを発表した。人口動態統計局に届けられた2020年1月1日から12月15日までの数字によると、男女合わせて最も多かったのはオリビア、続いてリアム、ノア、ジャック、エマだった。

 2020年生まれの上位5位まではオリビア、リアム、オリバー、ノア、ルーカス、2019年では、オリビア、オリバー、リアム、ルーカス、イーサンとなっている。オリビアは過去10年間で1位を逃したのは1度だけで、常に人気が高い。

 BC州では2021年12月15日までに40,333人の子どもが生まれた。

人気上位20位までの男児の名前(2021年)

 名前人数
1Liam223
2Oliver215
3Noah206
4Lucas193
5Theodore174
Benjamin174
7Ethan170
8Jack158
9Leo154
10William149
11James141
12Owen140
13Mason124
14Logan123
15Alexander120
16Henry114
Jacob114
18Hudson110
19Levi108
20Jackson105

人気上位20位までの女児の名前(2021年)

 名前人数
1Olivia 239
2Emma 184
3Charlotte 161
4Ava 157
5Amelia 148
6Sophia 138
7Isla 130
8Hannah 128
9Chloe 125
10Emily 111
11Evelyn 107
12Mila 106
13Mia105
14Avery103
15Ella101
16Maya97
17Ellie95
18Hazel93
19Sofia91
20Sophie90

合わせて読みたい記事

BC州が妊婦のブースター接種間隔を短縮

The Legislative Assembly of British Columbia, Victoria, Canada; Photo by ©︎ the VAncouver Shinpo
ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアにある州議事堂。Photo by ©︎ the Vancouver Shinpo

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州で、妊婦への新型コロナワクチンのブースター接種の優先予約を始めたと、州政府が1月13日の声明で明らかにした。2回目接種から8週間を経過している妊婦は、ワクチン接種を予約することができる。

 ブースター接種については、通常、2回目接種から6カ月の間隔を開けることが勧められている。しかし、妊娠中の母体と胎児を守るために接種を受けることが重要として、妊婦は8週間後から予約ができるようになった。妊娠中は重症化のリスクが高くなるとの報告もある。

 州政府の発表によると、システムには既に1,800人が妊娠中であることを登録しているという。これらの人には2回目から8週間になると自動的に予約案内が届く。

 妊娠中であることを登録していない人は、Get Vaccinatedのコールセンター(フリーダイヤル: 1-833-838-2323)に午前7時から午後7時の間に電話をする。 妊婦は新型コロナに感染すると重症化するリスクが高いとみられている。

合わせて読みたい関連記事

デルタ教育委員会が教職員にワクチン接種を義務化

The Legislative Assembly of British Columbia, Victoria, Canada; Photo by ©︎ the VAncouver Shinpo
ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアにある州議事堂。Photo by ©︎ the Vancouver Shinpo

 メトロバンクーバーのデルタ教育委員会が、教職員らに新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けると、12日付けの声明で明らかにした。

 同教育委員会ではスタッフに対して、1月17日から6週間以内にワクチン接種状況の提示を求める。

 猶予期間が過ぎてワクチン接種を行っていないスタッフや、ワクチン接種状況を明らかにしないスタッフは、継続して勤務するために定期的にラピッドテストを受けるか、無給の休暇を取ることを求められる。

 ただし、接種証明は生徒に対しては求めない。

 カナダでは2021年10月に連邦政府の職員に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務づけたほか、航空機に搭乗する際にワクチン接種証明の提示が必要となっている。

合わせて読みたい関連記事

運のいい奴 7 ~投稿千景~

エドサトウ

 戦争のない時代に、戦争のない国に生まれたかったと思っても、それは自分の力とか能力では選択できないものがある。

 (太平洋戦争)戦後生まれの僕たちの人生には、直接に戦争はなかったが、米国の市民権を得るためにベトナム戦争に従軍して、戦死した若者もいた。また、ぼくらの知人の息子さんは、カナダの軍隊にいて、アフガニスタンで国連の平和維持活動に参加していた折に、パトロール中であったと思われるが戦死されて、遺体となりエドモントの空軍基地にもどってきた。日本から移民してきた両親にしてみれば、軍のミッション(使命)であったのだけれども沈痛な思いであったろうと想像される。

 1970年代、日本では交通事故で亡くなる人が一年に一万六千人以上あった。2019年は三千二百十五人であった。こちらも、交通戦争の犠牲者というべきかもしれない。

 1970年代の月給は、平均数万円であったろうと思われる。僕の土建会社のアルバイト代が確か一日千円ぐらいであったことから逆算すれば、僕の先輩の方が手取りの給料は少なかったみたいで、憤慨していたのを記憶している。そういう時代にアメリカに行くには、一年分の給料が飛行機代になるような時代に、どうやって僕達若者がアメリカに行くことができようか? その頃に、日本の若者の中には、片道切符でアメリカに渡り、レストランなどでアルバイトをして、帰りの旅費をためたり、英語の勉強をしたりした体験記が本になった時代である。

 そういう時代に学校を卒業したばかりの18歳から25歳くらいの僕達若者が、カナダに農業訓練生として渡加してきたのである。僕たちは農業実習で得た給料から飛行機代を移住事業団を通じて毎月返納したのである。大した持ち金もないのにカナダに来られたのは運が良かったのだろうと思う。

 本を読んでいたら、「ものごとのなりゆきは運命ではない」という一文があった。私たちの運命は大きな河の流れの中で生きているようなものではあるが、岩に育つ苔のように流されることなく生きることもできるかもしれない。岩をの苔の育つまで長く生き続けなければならぬという事であろうか。物事は成り行きではなく、無意識に自ら選択してのことなのかもしれない。

 とにかく、アルバータ州での農業実習を終了してから、50年間仕事を続けられたことは幸運であったと思うが、最近、左の手足しびれて少々不自由になり、健康が心配となり急きょ綜合病院に行き、スキャンなどで検査をしてもらうと、頭などは異常はなさそうであるが、肩と首のあたりの血管と神経が圧迫されている様子で、次の段階はその部分を広げる手術をするかということになり、首のまわりのスキャンを撮ることになり、現在はその連絡待ちである。

 カナダの年金を貰える年齢なので、「もうそろそろリタイヤか?」と思う今日この頃である。

 時代はかっての産業革命を思わせるように、コロナウイルスの感染症により大きくデジタル産業革命へと変化していこうとしているように見える。働き方がデジタル化で大きく変化をして、そのために中間層の仕事は大幅に少なくなると言われる時代に晩年の人生を生きているものとしては、戸惑うばかりであるが、時代の変化を鳥観で眺めるのも面白いことかもしれない。病なれど面白きわが人生なり。

 静かに降りたるクリスマスの雪に、過ゆく穏やかな我が人生に、何の不服があろうか。ああ、面白き人生かな?

172 「フレイル」の負のサイクル

~認知症と二人三脚 ~

ガーリック康子

 2022年1月。新型コロナウイルス感染症の流行が終息しないまま、3回目の新年を迎えました。年末にかけて、新しい変異株、「オミクロン株」の感染が拡大し、しばらく緩和されていた自粛規制が再び強化されました。家族や友人が集う機会の多い年末年始のことで、予定していたクリスマス・パーティを急遽、取り止めたり、同じ場所で集まる代わりに、オンラインで行う選択もあったようです。

 2020年3月の世界保健機構(WHO)による「パンデミック宣言」以降、自粛生活が長期化し、外出の機会はめっきり減りました。家族や友人に会うことも少なくなると同時に、人との会話も少なくなりました。メディアでは、家にいる時間が長くなったために、感染症流行前より食事や間食の量が増え、「コロナ太り」をする人が増えたというニュースも取り上げられています。しかし、反対に、食事の回数が減ったり、粗食ですませてしまうため、「コロナ痩せ」をしたという人もいるようです。特に高齢者の場合、この「コロナ痩せ」が、「フレイル」の状態に繋がります。

 厚生労働省の特別研究班によるフレイルに関する報告書では、「フレイル」とは、「加齢とともに、心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱化が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態」としています。加齢により心身が衰えた状態のことで、健康な状態と要介護状態の間に位置し、身体的機能や認知機能の低下が見られる状態をさします。ただし、この状態になっても、適当な予防や治療を行えば、要介護状態に進まずにすむ可能性があります。

 ジョンズ・ホプキンス大学の定義によると、「フレイル」の要件のうちの3つ以上に当てはまると、「フレイル」とみなされます。その要件とは、
1)過去1年間に、意図していないのに10ポンド(約4.5キロ)以上、 体重が減った
2)何かの支えなしで立っていられない、または握力が弱くなるなど、体力が落ちた
3)倦怠感があり、何をするにも大変で、週に3日以上はいつも疲れを感じている
4)運動だけではなく、家事や趣味の活動を含む活動量が減った
5)歩く速度が遅くなり、15フィート(約4.6メートル)を歩くのに、6秒から7秒以上かかる
の5項目です。

 「フレイル」の状態になると、「サルコペニア」の発症に繋がる可能性も増します。人間の筋肉量増加のピークは20歳前後で、40歳を過ぎると、筋肉量が徐々に減少し、加齢とともにその速度が早まります。このような、加齢による筋肉量の減少や、それが原因で筋力や身体機能が低下することを「サルコペニア(sarcopenia、加齢性筋肉減少症)」と呼びます。「握力」、「筋肉量」、「歩行速度」を基準に、これらすべてにおいて基準を下回ると、「サルコペニア」と診断されます。

 「フレイル」の状態で運動量が減ると、あまりお腹が空かず、食事も簡単にすませてしまい、「低栄養」になりがちです。「低栄養」になると、筋肉量が減ってきます。筋肉量が減ると筋肉の衰えが進み、バランス能力も低下し、転倒、転落しやすくなります。転倒、転落しやすくなると、骨折や頭部外傷などの頻度が増えます。特に高齢者の骨折は、大腿部が多く、長く安静にしている必要があります。その結果、歩けなくなり、寝たきりになるリスクが高まります。寝たきりになることで、「認知症」が進行するだけでなく、「MCI(軽度認知障害)」から「認知症」に移行したり、 それをきっかけに「認知症」を発症することもあります。また、人間の体の中で最も熱量を生み出す筋肉が減ると、体温が低下します。体温が下がると免疫細胞の働きが鈍くなり、免疫力が低下します。免疫力が下がると、合併症を引き起こしやすくなります。こうして、「フレイル」が健康の負のサイクルを招き、「生活の質」はどんどん落ちていきます。

 加齢よる体の変化を避けて通ることはできません。しかし、「フレイル」は予防できます。適度な運動で全身の筋力を維持し、筋肉のもとになるタンパク質を積極的に摂り、バランスのとれた食事に気を配り、人と話すことを楽しみ、新しいことに挑戦する。これらを意識した生活習慣が、予防の要となります。筋肉や脳は、使わないことには、衰えるいっぽうです。

 感染症を恐れるあまり、必要以上に活動を制限していませんか?

後期高齢者の保険事業の在り方に関する研究(ポイント)
厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000125471.pdf

Stay Strong: Four Ways t Beat the Frailty Risks
Johns Hopkins Medicine
https://www.hopkinsmedicine.org/health/wellness-and-prevention/stay-strong-four-ways-to-beat-the-frailty-risk

フレイルとは
健康長寿ネット
https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/frailty/about.html

*当コラムの内容は、筆者の体験および調査に基づくものです。専門的なアドバイス、診断、治療に代わるもの、または、そのように扱われるべきものではないことをご了承ください。

ガーリック康子 プロフィール

 本職はフリーランスの翻訳/通訳者。校正者、ライター、日英チューターとしても活動。通訳は、主に医療および司法通訳。昨年より、認知症の正しい知識の普及・啓発活動を始める。認知症サポーター認定(日本) BC州アルツハイマー協会 サポートグループ・ファシリテーター認定。

第85回「どんなときも前を向いて進むために」

 新年となった。昨年はコロナで明け、コロナで暮れた1年だった。私が長らく主宰するワクワク系マーケティング実践会(このコラムでお伝えしている商売の理論と実践手法を実践する企業とビジネスパーソンの会)会員にも、その追い風を受けた方もいるが、大半は逆風だった。その典型とも言える業種、バーの店主から先日、最近の動向についてご報告をいただいた。昨年2月に上梓した拙著『「顧客消滅」時代のマーケティング』にもご登場いただいた方だ。

 まずは現状、日本では昨年の10月に緊急事態宣言が解除され、その後同店も約1年ぶりの通常営業再開となったが、再開するやいなや「ロケットスタート」。土日平日を問わず盛況とのこと。そんななか、店主いわく、「意外な事実と、緊急事態宣言で動けなかった時に取り組んだ実践が花開いていること」に気づき、いただいた報告だった。

 「意外」というのは来店客層だ。当会では一昨年の3月からずっと、コロナ禍での最優先事項として「既存顧客とのつながり強化」を謳い、同店もしっかり行ってきた。そこで「意外」というのは、ロケットスタートで連日賑わう店内の約3割は新規客が占めていたからだった。

 これはなぜだろうと、率直にある新規客に尋ねると、次の言葉が返ってきた。「春に転勤してきたけど緊急事態宣言でお店は開いてないし、仕事はリモートでずっと家にいて、仕方なしに散歩していたら、変わった黒板と大きな看板の店を見つけたので、お店が開いたら行こうと思ってました」。この方の言う「黒板と看板」とは、ほとんど営業ができない時期、店主らがワクワク系的な工夫の元に作った店看板と店頭の黒板のことだ。その詳細は省くが、一見して目を惹き、よく見ると行ってみたくなる情報が詰め込まれたもの。通常営業できない時期に進めておいたそのような数々の実践が実り、そこに「待ってました」と訪れる既存顧客も相まっての今だった。

 「それでも」と店主は言う。「動けない中で考えるのは大変でした…」「内心は、不安と心配でいっぱいでした」。しかし今日の好業績は、「不安でも実践をし続けた結果だと思っております」。そして、彼は言う。「誰だって負けそうになるよ。でも『信じる馬鹿』になれる環境があるか、そこは大事でした」。

 どんな「環境」に身を置くか――それは商売のみならず、人にとって極めて重要なことだ。彼がここで言う「環境」とはわが実践会のことだが、人は環境の影響を強く受ける。ましてこの時代、不安や心配が尽きない中でも、前に進まなければならないのだ。人はそれほど強くない。だからこそ人類の長い歴史の中で、人は人と共に歩むことを選んで来た。

 あなたは2022年、誰と共に歩みますか?

 
小阪裕司(こさか・ゆうじ)
プロフィール 

 山口大学人文学部卒業。1992年「オラクルひと・しくみ研究所」を設立。
 
 人の「感性」と「行動」を軸としたビジネス理論と実践手法を研究・開発し、2000年からその実践企業の会「ワクワク系マーケティング実践会」を主宰。現在全都道府県(一部海外)から約1500社が参加。

 2011年工学院大学大学院博士後期課程修了、博士(情報学)取得。学術研究と現場実践を合わせ持った独⾃の活動は、多⽅⾯から⾼い評価を得ている。 

 「⽇経MJ」(Nikkei Marketing Journal /⽇本経済新聞社発⾏)での540回を超える⼈気コラム『招客招福の法則』をはじめ、連載、執筆多数。著書は最新刊『「顧客消滅」時代のマーケティング』をはじめ、新書・⽂庫化・海外出版含め40冊。

 九州⼤学非常勤講師、⽇本感性⼯学会理事。

ケベックでワクチン未接種者に課税

Canada News by Vancouver Shinpo; Designed by ©Vancouver Shinpo

 ケベック州が医療上の理由以外で新型コロナウイルスワクチンの接種を拒否している住民に、金銭上のペナルティを課すことを検討している。フランソワ・ルゴーケベック州首相が、11日午前の会見で明らかにした。

 カナダ連邦政府が11日に発表した数字では、同州ではパンデミックが始まって以来、新型コロナウイルスで亡くなった人は11,966人。カナダ全体で30,862人であることから、ケベックの死者は国全体の4割近くを占めている。

 またケベック州でワクチン接種を受けていない人はたったの12.8%だが、入院患者の半数をワクチン未接種者が占めている。ルゴー州首相はワクチンはウイルスとの戦いのカギであること、また接種を終えている住民に、未接種者が負担をかけているとの考えを示した。

 金額については50ドルや100ドルというものではなく、高額のペナルティになることが会見で示唆されている。導入はこれから数週間で行う予定。対象は医療上の理由以外で接種を受けていない成人という。

 ケベック州では12月31日からオミクロン株拡大を受けて、午後10時から午前5時の夜間外出禁止令が発令された。そのほか、レストランはテイクアウトのみで、ダイニングルームは閉鎖などの措置を現在取っている。

 オーストリアでは11月19日に2022年2月からワクチン接種を義務化して、罰金を導入すると発表。12月のウィーンなどでの抗議デモに発展した。イタリアでも1月5日から、50歳以上の人にワクチン接種を義務付けた。

バンクーバー市教育委員会、11日より特別プログラムの説明会

学校で学ぶか、ホームスクーリングにするか。©the Vancouver Shinpo
学校で学ぶか、ホームスクーリングにするか。©the Vancouver Shinpo

 バンクーバー市教育委員会の小学校で、フランス語やモンテッソーリ教育、国際バカロレア(IB)をはじめとする「プログラム・オブ・チョイス」の説明会が1月11日から18日の間に開催される。

 そのほかのメトロバンクーバーにある教育委員会の多くが、1月中旬から2月にかけて特別プログラムの説明会や申し込み受け付けを行っている。カナダでは公立校でも、フランス語で学習するフレンチイマージョンや、モンテッソーリ教育などのカリキュラムを採用して、特別プログラムを提供している。

 バンクーバー教育委員会で特別プログラム、およびプログラムが行われる学校、説明会の日時はつぎのとおり。

プログラム

フレンチ(アーリー)
Early French Immersion 
グレード 1~7
Douglas Annex、Hastings、Jules Quesnel、Kerrisdale、L’Ecole Bilingue、Queen Elizabeth Annex、Quilchena、Secord、Selkirk、Strathcona、Tennyson、Trafalgar
1月13日(木)
7:00 pm

フレンチ(インテンシブ)
Intensive French
グレード 6 および7
Brock  
1月13日(木)
5:00 pm

フレンチ(レイト)
Late French Immersion
グレード 6 および7
Douglas、Secord、Trafalgar
1月13日(木)
7:00 pm

マンダリン(アーリー)
Early Mandarin Bilingual
キンダーガーデン~グレード7

Norquay  
1月12日(水)
7:00 pm
モンテッソーリ
Montessori
キンダーガーデン~グレード7

Maple Grove
1月14日(金)
11:00 am

Tyee
1月14日(金)
9:15 am

国際バカロレア(IB)International Baccalaureate (IB)
キンダーガーデン~グレード7
Southlands
1月18日(火)
6:30 pm

 希望する人は、1月31日までにEnglish Catchment School と呼ばれる、地区の学校に届け出をしてから、3校までオンラインで申し込むことができる。定員より申込者が多い場合は抽選となる。ただし、抽選前に兄弟が既にプログラムを学んでいる子どもが優先される。

 

フランス語プログラムの紹介ビデオ。

爆発的感染拡大~カナダ最新コロナ感染状況

 カナダでは12月中旬ごろから、新型コロナウイルスの「爆発的感染拡大」が生じている。ケベック州では12月31日、一日あたりの新規感染者16,461 人と過去最悪の記録を更新した。12月1日は一日あたり1,196人だった。

 カナダ全体でも1月1日には24時間で46,741人の感染が確認された。12月1日は3,142人だった。

カナダで1億4000万個のラピッドテストを準備

 感染拡大にともない検査を受ける人が急増しているため、全国各地で検査所が対応できなくなっている。ラピッドテストを導入しているが、テストキットも不足気味という。

 ジャスティン・トルドー首相はカナダで12月に3500万個のラピッドテストを配布したと、1月6日にツィッター上で明らかにした。1月には4倍の1億4000万個を準備している。 

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州のバンクーバーコースタルヘルスでは、12月下旬の大寒波や積雪などでテストセンターを閉鎖。感染を疑う人がPCRテストを受けることができなかった。

 St. Vincent とバンクーバー国際空港のテストセンターが3日に再開したが、検査希望者が多数駆けつけているため、検査を受けるまで長時間待つ必要がある。かわりにブリティッシュ・コロンビア大学のテストセンターでラピッドテストキットを入手している人が多いというのが現状だ。

 また、濃厚接触者になり、感染していないか確認したいという場合も、現在、州政府では症状がない場合はテストは必要なしとしている。

Health Link BCのウェブサイトではテストは必要なしとしている。Photo courtesy of Province of British Columbia

 カナダ各地で同様の状況となっている。検査ができていないことから、実際の感染者数と政府発表の数字には差があるとみられているが、1月5日にカナダ政府が発表した4日時点での過去1週間の感染状況をまとめた。

オンタリオとケベックで1週間の感染者数が10万人を超える

1週間の感染者数
ブリティッシュ・コロンビア州 22,979人
アルバータ州 24,526人
サスカチュワン州 3,609人
マニトバ州 10,724人
オンタリオ州 101,045人
ケベック州 106,552人
ニューブランスウィック州 5,034人
ノバスコシア州 5,648人
プリンスエドワード島州 969人
ニューファンドランド&ラブラドール州 3,012人
ユーコン準州 276人
ノースウエスト準州 329人
ヌナブト準州 190人
カナダ全体 284,893人

 オンタリオとケベックで1週間の感染者数が10万人を超えたほか、BCやアルバータでも2万人を超えている。

 BCでは12月23日の時点での、パンデミックが始まってからの累計感染者数が233,217人だったので、わずか1週間で1割近く増えたことになる。検査を受けることを希望しても、受けることができない人が多数いたことから、実際は1割を超えたとみられる。

1週間の10万人あたりの感染者数

1週間の10万人あたりの感染者数
ブリティッシュ・コロンビア州 441人
アルバータ州 552人
サスカチュワン州 306人
マニトバ州 775人
オンタリオ州 682人
ケベック州 1,238人
ニューブランスウィック州 638人
ノバスコシア州 569人
プリンスエドワード島州 590人
ニューファンドランド&ラブラドール州 579人
ユーコン準州 642人
ノースウエスト準州 723人
ヌナブト準州 482人
カナダ全体 745人

 人口当たりで見ると、ケベック州で1,238人とカナダ国内で最多となっている。ケベック州ではPCRテストは病院や介護施設、ホームレスシェルターなどハイリスクの人を対象とすると、1月4日、マリ―-フランス・レイノー博士が発表した。

 同州で4日に検査を受けた人は約47,000人だった。1日あたりの検査能力30,000人のところ、60,000人に対応するという状況が続いていて、対策が必要となっていた。

 ケベックに次いで、人口に対する感染者が多いマニトバでは、州都ウィニペグで多数の警察官らが新型コロナ感染で勤務できなくなっている。ウィニペグ警察のダニー・スミス署長は1月5日、90人が感染していて、170人がコロナに関連して休暇願を出していると明らかにした。

 警察だけでなく、公共交通機関や消防でも感染者増によるスタッフ不足に直面している。ウィニペグトランジットでは6日の午前の時点で76人、消防局では85人が感染していると、ウィニペグの緊急オペレーションサービス、ジェイソン・ショー氏が語った。
 

オミクロン株の感染状況

 感染爆発の要因はオミクロン株とみられている。オミクロン株への感染が初めて発表されたのは11月28日だった。最新データは12月12日の週までだが、12日の週の新規感染者のうち、オミクロン株感染者は42.4%だった。

 一方、これまで感染の中心だったデルタ株は57.4%だった。2週間で感染者の半分近くがオミクロン株という状況となっている。

過去7日間の感染による死亡者数

過去7日間の感染による死亡者数
ブリティッシュ・コロンビア州 13人
アルバータ州 23人
サスカチュワン州 13人
マニトバ州 17人
オンタリオ州 71人
ケベック州 89人
ニューブランスウィック州 9人
ノバスコシア州 0人
プリンスエドワード島州 0人
ニューファンドランド&ラブラドール州 2人
ユーコン準州 1人
ノースウエスト準州 0人
ヌナブト準州 0人
カナダ全体 238人

 過去7日間の新型コロナウイルスに感染して死亡した人の数は、カナダ全体で238人だった。ワクチン接種が進んでいることや、オミクロン株に感染しても比較的症状が軽い人が多いため、感染者数と比較して少なかったとみられている。

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい関連記事

Vancouver
broken clouds
5.5 ° C
6.8 °
3.1 °
93 %
1.3kmh
83 %
5 °
7 °
7 °
7 °
7 °

CONNECT WITH US

1,271ファンいいね
3,008フォロワーフォロー

トピックス

新報リポート

「コロナと生きる知恵〜専門家に聞く〜」

2021年12月15日、日加ヘルスケア協会がオンライン健康セミナー「コロナと生きる知恵 〜専門家に聞く〜」を開催。4人の専門家が講演を行った。