2022年1月17日
ホーム 連載コラム 外から見る日本語

外から見る日本語

sotokaramiru-nihongo

231 「がんばれ ! 日本」

一年遅れの2020年東京オリンピックも何とか無事幕を閉じた。日本は金メダルラッシュでかなり盛り上がったようだが……。
sotokaramiru-nihongo

230 「日本語上達のコツ」の「コツ」は ?

日本語学習において、いろいろなことが気になる上級者から質問があるというので少し緊張した。「先生、日本語上達のコツは何ですか?」である。
sotokaramiru-nihongo

229「下さい」と「ください」

ある生徒はときどき日記を添付して、「先生、読んで下さい。間違いを訂正して下さい」など、そしていつも最後に「ご自愛下さい」である。
sotokaramiru-nihongo

228「呼称文化」の戸惑い

先日、ダウンタウンに用事があり、久しぶりにスカイトレインに乗った。もちろん乗客はすべてマスク着用。マスク姿もすっかり板に付き、文化として定着するような勢いである。
sotokaramiru-nihongo

227「すごい」はやばい ?

日本語教師をしている卒業生と日本語教育などについて話した。ワクチン接種を伝えたら、「すごい痛かったですか ?」
sotokaramiru-nihongo

226「さびしい」はすごい ?

「道を歩いている人も少なく、店もいっぱい閉まっていて、とてもさびしかったです」との報告が、そして、このような場合は「さびしい」と「さみしい」どちらがいいですか、こんなことが話題になった。
sotokaramiru-nihongo

「カナダで出会った新渡戸稲造」⑧

国際連盟における新渡戸稲造の活躍は「ジュネーブの星」とたたえられ、日本という国を世界に知らしめました。それはまさに、「太平洋の架け橋」から「世界の架け橋」になった思いだったでしょう。
sotokaramiru-nihongo

「カナダで出会った新渡戸稲造」⑦

国際連盟における新渡戸稲造の活躍は「ジュネーブの星」とたたえられ、日本という国を世界に知らしめました。それはまさに、「太平洋の架け橋」から「世界の架け橋」になった思いだったでしょう。
sotokaramiru-nihongo

「カナダで出会った新渡戸稲造」⑥

東京に住んでいる太田叔父さんの養子になった稲造が盛岡から東京にやってきたのは、明治4年(1871年)、9歳のときで、名前も太田稲造と変わりました。
sotokaramiru-nihongo

「カナダで出会った新渡戸稲造」⑤

東京に住んでいる太田叔父さんの養子になった稲造が盛岡から東京にやってきたのは、明治4年(1871年)、9歳のときで、名前も太田稲造と変わりました。
sotokaramiru-nihongo

「カナダで出会った新渡戸稲造」④

東京に住んでいる太田叔父さんの養子になった稲造が盛岡から東京にやってきたのは、明治4年(1871年)、9歳のときで、名前も太田稲造と変わりました。
sotokaramiru-nihongo

「カナダで出会った新渡戸稲造」③

新渡戸稲造が生まれたのは今からおよそ160年前の1862年です。  1853年にペリーの黒船が来航し、尊王攘夷そして討幕の嵐が吹き荒れていた、
Vancouver
broken clouds
5.5 ° C
6.8 °
3.1 °
93 %
1.3kmh
83 %
5 °
7 °
7 °
7 °
7 °

CONNECT WITH US

1,271ファンいいね
3,008フォロワーフォロー

トピックス

新報リポート

「コロナと生きる知恵〜専門家に聞く〜」

2021年12月15日、日加ヘルスケア協会がオンライン健康セミナー「コロナと生きる知恵 〜専門家に聞く〜」を開催。4人の専門家が講演を行った。