2022年11月28日
ホーム 連載コラム 外から見る日本語

外から見る日本語

sotokaramiru-nihongo

242 ☆ 「い抜き言葉」はダメなの?

SNSの進化にともない、日本語に明治期の言文一致のような大革命が起こっているとか⁈
sotokaramiru-nihongo

241 ☆  「堪能」は いと厄介 !  「堪能」に堪能しよう 

「堪能」には異なる二つの意味があるので少々紛らわしい。だが、それなりに興味深い。さて、その意味とは?
sotokaramiru-nihongo

240 ☆ 「かってない円安」はダメ !  

「かつて」の発音だが、「かつて」なのか「かって」なのか、確かに、ちょいとややこしい。
sotokaramiru-nihongo

239 ☆ 「着物」と「和服」の違い ? 

「着物と和服」や「日本食と和食」などの「違い」である。でも、なぜ同じような意味の言葉が二つもあるのか、
sotokaramiru-nihongo

238 ☆「勉強」と「おまけ」 !

中国には日本語の意味とまるで違う漢字も結構あり、驚きと笑いを何度か経験した。
sotokaramiru-nihongo

237 ☆「お湯」に乾杯 !

「湯」は日本語だけの独特な言葉で、英語は「hot water」、フランス語は「eau chaude」。他の国の言葉も、すべて「水」に「熱い」などの形容詞が付いた言葉になっている。
sotokaramiru-nihongo

236 ☆「寅」と「虎」の関係は・・・

日本語上級者には日本の文化として、特に、新年最初の授業では、その年の干支について話をしているが、最近、「向かい干支」なることを知って驚いてしまった。
sotokaramiru-nihongo

235 「病気の人」か「病気な人」 どっち ?

日本語の文法に関心を持つ上級者から久しぶりにメールが届いた。「先生、お久しぶりです。お元気ですか。コロナの病気に注意してください」。
sotokaramiru-nihongo

234 「一段落」は「いち段落」だよ !

なかなかコロナ禍終息の兆しも見えてこないが、ワクチン接種カードを見せれば飲食店にもちゃんと入れて、まずは一安心。先日も数人の駐在商社マンと久しぶりのリアル飲み会。
sotokaramiru-nihongo

233 「行くです」はまだダメ…!

やっと国内旅行は行けるようになったが、海外旅行となるとまだいろいろ大変である。日本に行きたいけど、簡単に行けず困っている友人や生徒もたくさんおり、
sotokaramiru-nihongo

232 「足下」か「足元」か… ?

今年も残すところ3か月余り、正に「光陰矢の如し」を強く感じ、久しぶりのリアル会などで、この「月日の早さ」がよく話題になる。
sotokaramiru-nihongo

231 「がんばれ ! 日本」

一年遅れの2020年東京オリンピックも何とか無事幕を閉じた。日本は金メダルラッシュでかなり盛り上がったようだが……。
Vancouver
scattered clouds
3.3 ° C
5.1 °
0.1 °
59 %
2.7kmh
50 %
3 °
2 °
-0 °
-1 °
2 °

CONNECT WITH US

1,271ファンいいね
3,419フォロワーフォロー

トピックス

新報リポート