yoga

《足の老化チェック》

まず、立ってみてください。図の<チェック1>のように「つま先立ち」でバランスがとれますか?
yoga

《春のけだるさを克服する法》

“春眠・暁ヲ覚エズ”のごとく、春はけだるい季節。季節の変化に体が追いついてゆけない方は、疲労感・情緒不安定・脱力感など自律神経の失調を感じる時期です。
yoga

《頭痛なんかこわくない!》

ヨガと健康 第48回 2020年2月20日 第8号 ヨガのひとつの目的は、心身のバランスを整えていくこと−このバランスが崩れると、心身の不調・病気・痛みなどとして体は赤信号を送ってきます。 今回はとっても迷惑な赤信号−頭痛−について、どうしたらこの赤信号をうまく受けとめ、正常な状態に戻してゆけるかをヨガに学んでみましょう。 <頭痛−その原因>(1)脳の血管の緊張(2)心理的ストレス(3)頭がい骨の下垂(血行不良)(4)首のこり・固まり・ゆがみ(5)宿便のたまり・消化不良(6)筋肉のこわばり(7)浅い呼吸による酸欠状態など… <その対策>まず試してほしい簡単な方法・同じ姿勢を長時間続けず、ひと区切りごとに姿勢を正して背伸びをしたり、首をほぐしたり、遠くを見て目を休めたりする。 ・寝具を見直す 枕は高すぎないか、マットレスは柔らかすぎないか…(体の筋肉のつき方、脂肪のつき方などで変わる)。案外、枕が高すぎることがあるので注意。一度枕なしで寝てみて下さい。それで頭痛や肩こりがよくなる方は多いものです。 ・重心のかけ方を見直す 重心が常に“かかと”や“小指側”にかかると必ず姿勢が崩れ背中が丸くなり、首のうしろが縮んだりゆるんだりする原因になります。(そうなると胸も縮んだ状態で、呼吸も浅くなってしまう。) 歩いている時も、立っている時も、“足の親指”を意識してそこに重心を充実させて下さい。 自然に姿勢もよくなり呼吸も深くなるはず⇒頭への血行を良くし、頭がい骨の下垂を正す鍵。 意外な方法・でも試す価値あり!
yoga

2019年“ヨガ”からの最後のメッセージ

ヨガと健康 第46回 2019年12月19日 第51号  私たちの体で、素晴らしいことはどんなに異常な状態におかれても心身は常に健康へ戻ろうとする潜在能力をもっているということ。  この誰もが持っている潜在能力(自然回復力・治癒力)を高めれば病気は回復し、また病をよせつけない体を維持できるはず…そしてその能力を高める方法のひとつが『ヨガ』です。  私たちはふつう病気や痛みは嫌なこと、悪いことと考えますが「ヨガ」ではこれを心身が異常な状態におかれた時の「赤信号」として考え、健康への教え(“回復する道”)として受け入れます。  わかりやすく言えば“病気になる”とか“痛い所がある”ということはなんとか“健康へもどろう”、“正常体へ近づこう”とする現れであり、これらがあるうちは体が生命を維持する力を持っている、健康になれる道が残っていると考えるのです。この一年、このコラムでは「体の赤信号」にスポットを当て、心身を健康に保つ方法についてお話してきました。  今回は2019年の締めくくりとして「ヨガ」から最後のメッセージです。 〜ヨガ その目指す方向〜
yoga

ニセモノの元気

ヨガと健康 第45回 2019年11月21日 第47号 最近、日本では仕事上の責任や人間関係、またハードワークなどで体力・気力を使い果たしてしまう「燃えつき症候群」の人が増えているそう。 責任の重い仕事をしている人はもちろん、10代の受験世代にも多いということです。 ここ、カナダではどうでしょうか? 仕事はメチャクチャ忙しいし、責任も山ほどある…しかし体は軽くて調子はよいから大丈夫という方、もしかしたら今の元気はニセモノかもしれません。 《味覚の異常は精神の異常》  もしあなたが次のような心身の赤信号を感じているようなら要注意です。 1、やっとできた休日、身も心もゆっくりしよう、と思っていたのになかなかリラックスできない。またそういう時に限って体調を崩す。
yoga

お腹をしめる!

ヨガと健康 第44回 初出 2019年10月17日 第42号 まずあなたのおナカを見てください。 胸のあたりは“肋骨”で心臓や肺をガードしていますが、その下のおナカは、肋骨のような骨はありませんね。  では、何が内臓をガードし保護しているのか? というと、“腹筋”という筋肉の‘はず’なのです。  でも、悲しいことにこの“腹筋”は鍛えておかないと果てしなくゆるんでしまう筋肉。もし腹筋がなくなると“脂肪”でもって内臓をカバーしようと体はせっせと脂肪づくりに励むことになります。  「じゃ、脂肪があってもしかたないわね」なんて思っているとこれはキケン! <あなたの腹筋度チェック>
yoga

ツメの赤信号

ヨガと健康 第43回 2019年9月19日 第38号 赤ちゃんのツメは手も足もよく伸びますが、大人になると伸びが悪くなったり、手のツメほど足のツメは伸びなかったり…不思議だと思いませんか? 「切らなくていいから楽でいい」なんて言っていてはダメ。ツメは体の健康状態や栄養状態を現します。 <足のツメは伸びが悪いのはなぜ?>  人間の体は適切に動かしていないと、どんなに健康に生まれついた方でも退化の一途をたどります。  ツメだって同じ。手の指は足の指に比べて誰しも使う頻度が多いはず。自然に手は運動するチャンスにめぐまれているのに、足はクツの中で動くのもままならない状況。  これじゃ、足の指も退化して、伸びも悪くなろうというもの…というのは私の意見です。
yoga

足の赤信号・ひざの痛み・その2

ヨガと健康 第42回 2019年8月15日 第33号 足の赤信号・ひざの痛み・その2 <筋肉のアンバランスは痛みをつくる> ひざの痛みの原因は複雑ですが、案外スポーツで筋肉
yoga

足の赤信号・ひざの痛み・その1

ヨガと健康 第41回 2019年6月20日 第25号 足の赤信号・ひざの痛み・その1 <筋肉が老化の一途をたどっている方のために>  ひざを守り、動かす筋肉は“太もも”の筋肉。 太もも部筋肉
yoga

足の赤信号・太もも編2

ヨガと健康 第40回 2019年6月20日 第25号 足の赤信号・太もも編2 足の老化度チェック その2 図のようにうつぶせになります。片足を曲げ両手で足首をもち『かかと』が『おしり』につきますか?
yoga

足の赤信号・太もも編1

ヨガと健康 第39回 2019年5月16日 第20号 本回は私たちの体の土台である“足”の退化度をチェックしてみましょう。(『老化』はやむをえない場合もありますが、『退化』は各人の知識や努力で“
yoga

眠れぬ夜のために…その1

ヨガと健康 第37回 2019年3月21日 第12号 あなたは眠れない夜どうしていますか?“ヒツジを数える”というオーソドックスな方法は有名ですが、もう少し理にかなった熟睡へ導く工夫・方法・㊙ヒントがあります。 <ちょっと知っていると大ちがい!㊙ヒント> ・まずは基本の環境を見直すべし  快眠に適した室内温度(夏は20度前後、冬は12〜13度)湿度は50%くらいがよい。照明は直接目に入らず、明るすぎないこと。ベッドのマットレスも体形、体重によって選びたい。(体重が重い人、筋肉質の人はスプリングが硬いものを、体重が軽く、筋肉がやわらかい人は柔らかめのマットレス) ・寝まきの工夫  しめつけるものはダメ。ノーパンで眠るのがベスト。(血行を悪くするので、内臓、特に生殖器、泌尿器によくない。不妊症の原因になったり、冷えからトイレに何回も起きることになりやすい。)
-Advertisement-
Vancouver
overcast clouds
13.6 ° C
14.4 °
12.8 °
87 %
7.2kmh
90 %
16 °
17 °
20 °
21 °
21 °

CONNECT WITH US

1,196ファンいいね
2,078フォロワーフォロー

人気コラム

「着物とマナー」

“マナーとは、他人に好かれたりいい感じに見せる為のツールではなく、お相手への思いやりの心です。”
yoga

《全身を使うことの快感》

私たちの体は、どこひとつをとってみてもバラバラで働いている所はなく、“全体として”助け合いながら動いています。
sotokaramiru-nihongo

「カナダで出会った新渡戸稲造」

新渡戸稲造が生まれたのは今からおよそ160年前の1862年です。  1853年にペリーの黒船が来航し、尊王攘夷そして討幕の嵐が吹き荒れていた、

第43回 ビクトリアのアート風景

数年前にビクトリアに移住して非常に驚いたことの一つが、それを職業として生計を立てる程に有名ではないものの、いわゆる「アマチュア・アーティスト」と呼ばれる人が多数いることであった。

96 「君の膵臓が食べたい」と読書

「だーれもいない!」、「淋しなぁ」、グランマは呟きながら、2階のプレイルームへ入って行った。そこは孫娘レイナが、昨年夏の帰国まで、使って居た広い玉突き台が置ける大きな部屋だ。

LIFE STYLE

カナダのマツタケ狩りで手に入れたマツタケ。

カナダで楽しむマツタケ 前編

秋と言えば食欲の秋、そして秋の味覚の代表の一つがマツタケではないだろうか。カナダに住んでいると、日本の味覚から遠ざかりがちだ
バンクーバーのダウンタウン方向を望む。マウントシーモア。Photo © the Vancouver Shinpo

360度の絶景を楽しむ