正しい姿勢

313
yoga

ヨガと健康 第1回

2016年4月21日 第17号

 第一回目は、健康の基本である「姿勢」です。

 私たちは普段無意識に立ったり、歩いたりしていますが「姿勢」と「健康」は密接に関係があります。

 背中を丸めていると、肺が圧迫されて縮み、呼吸が深くできない  

→体の細胞を生かしている酸素が不足する  
→内臓への血液も不足し、新陳代謝が落ちる  
→体力が落ち、老化が早まる→脳細胞への酸素も不足し、脳の老化や認知症が加速する、というわけです。

 また、悲しい時、落ち込んでいるときは必ず背中が丸くなるというように、「感情」と「姿勢」も関係があります。

 日常生活で、仕事の合間に、家事が一段落した時に、ふと気づいたときに、ちょっと背筋を伸ばしてみてください。気持ちものびのびし、体も元気が出てきますよ。

●正しい姿勢とは

(1)状態は腹筋と背筋で支える。(胃は引き上げる感じ、おへそから下は下へ伸ばす感じ)
(2)そりすぎたり、猫背にならない(背骨は自然なS字曲線を描くが意識上あやつり人形のように空からつられている感じ)
(3)肩に力が入って重心が上体にいかない。重心はいつも下半身にあり「土踏まず」にかかる。肩はいつもリラックス。
(4)膝が縮んで曲がっていない。あごが出ない。
(5)自然と深い呼吸ができる。

●正しい歩き方
(1)立っている時と同じ要領、親指の付け根で地面をけるように歩くと自然におなかに力が充実し、背骨が伸びる。

 わかりきった簡単なことですが、案外姿勢の悪い方は多いものです。意識をおいて正しい姿勢を保ちましょう。正しい姿勢は本来最も楽な姿勢です。腰痛や肩こりにもよいし、体も気分も軽やかになりますよ。Let’s Try !!!

(文 池側和子)

〜KazukoヨガではMomokoヨガを継承し、シニアや初心者の方でもできるやさしいオールレベルのヨガを行っています〜

池側和子
クラスの詳細、プライベートレッスンなどはお気軽にお問合せください。
ヨガ・インストラクター 池側和子
778-891-9917/yogawithkazuko@gmail.com

ウェブサイト www.kazukoyoga.com