■四季の変化を楽しむ法■

374
yoga

ヨガと健康 第13回

2017年4月20日 第16号

季節のかわりめに体がだるい、体調が崩れるという方は案外多いようです。四季の移り変わりは楽しいものですが、気候の変化にうまく体がついてゆけない方にとっては、不快な時期。今回は、そんな方のためのアドバイスです。

 我々の体温は気温の変化と共に、急に上がったり下がったりをすることなく、平均約36度前後の体温を保っていますが、これをコントロールしているのが「自律神経」という所。自律神経は外の環境に体がうまく適応できるよう、自然調整している神経で、脳から「背骨(脊髄)」を通って体のすみずみに様々な指令を送っている大切な所です。

 しかし、体(骨や筋肉)の弱りや老化などで体にゆがみやひずみが出てくると、この神経にも狂いが生じます。こうなると、自然コントロールしているはずの体温調整もうまくゆかなくなり、冷える、ほてる、気温差に順応できず体調を崩す、などの症状が現れるのです。

 では、根本の「自律神経を整える」にはどうしたらよいか…。

 また、過度な疲労、心理的ストレスなどからも心身のバランスは崩れます。心身のストレスを感じる方は次のポーズをしましょう。 

(1)全身の力を抜いてあおむけに寝る。(手のひらは上向きに)

(2)お腹がペシャンコになる要領で息をゆっくり深く吐く。体が床にすい込まれていく感じで力もスーッと抜く。(グター)

(3)ゆっくり深く吸う。酸素が全身に行きわたる感じ。心も体もリラックスするまで続ける。

 体調が悪い時、心身のストレスからどうにも楽しくない時、どうかこれらを思い出して実行してみてください。 皆さまが、心も体も健康でありますよう祈ります。

≪和子からの一言≫

  鼻炎と首はとても深い関係にあります。首周りが硬まりやすい人は、充分に温めたり、無理なくストレッチをして柔らかくほぐしてあげてください。Kazukoヨガでは、希望に応じて、鼻炎や花粉症に効果的なヨガ的鼻うがいの方法をお教えしています。興味のある方はご連絡ください。

〜KazukoヨガではMomokoヨガを継承し、シニアや初心者の方でもできるやさしいオールレベルのヨガを行っています〜

池側和子
クラスの詳細、プライベートレッスンなどはお気軽にお問合せください。
ヨガ・インストラクター 池側和子
778-891-9917/yogawithkazuko@gmail.com

ウェブサイト www.kazukoyoga.com