第20回  カナダを代表するネイティブアートとは?

293

2017年5月4日 第18号

 読者のみなさん、こんにちは。今月は久々に日本へ帰省し、時差ぼけと闘いながらのまるごとカナダ第20回となりました。

 今回帰省するにあたって、妹から「カナダのネイティブアートをお土産として買ってきて」と頼まれ、かなり迷ってしまったのですが…、ネイティブアートと言われたら、皆さんは何を想像しますか?

 やはりバンクーバーに住んでいると一番身近に感じるのはクイーンシャーロット島のハイダ族による、ハイダアートではないでしょうか。

 バンクーバー国際空港では出国ゲート前にビル・リード氏作のモニュメント「The Spirit of Haida Gwaii 」(日本語名ハイダ・グワイの精神)が行きかう人の目を魅了しますし、同じものが現行の20ドル札の裏面にもデザインされていますよね。

 もちろん、バンクーバーではお土産さんに行くとハイダアートが所狭しと並んでいます。

 だから、やはり今回もお土産はハイダアートにしようかなと思ったのですが…オタワに住んでいると、バンクーバーほどハイダアートを目にする機会がないのが現状です。かわりに、こちらではイヌイットアートが観光客のにぎわうところではよく見かけられます。

 イヌイットは、カナダの極北地域に住む先住民で、エスキモー系民族のひとつです。人種的には日本人と同じモンゴロイドといわれています。ソープストーンと呼ばれる柔らかい石の彫刻や版画が有名で、彼らの極北の環境(狩猟・漁労・採集を含む)を描写する独特のデザインが世界的に評価されているようです。そして、このたびカナダ建国150周年を記念して新10ドル札が登場しますが、イヌイットアーティストを代表するヌナブト準州のKenojuak Ashevak (1927〜2013)氏のOwl’s Bouquetもデザインされているほどです。

 それも関係し、今回はイヌイットアートのお土産を買って帰ることにしました。ハイダアートのように、イヌイットアートにも興味を持ってくれたらいいのですが…。

小倉マコ(ペンネーム)
兵庫県姫路市生まれ。新聞記事、コラム、エッセイ、本の原案、P R記事など主に日本人向けの記事を書くライターとして活動。コミックエッセイ
「日本びいきのハーフっ子と里帰り」イーストプレス「姑は外国人」角川書店の原作者
www.makoogura.com