◆〜引きしめる!〜◆「胴体・腹部編」

208
yoga

ヨガと健康 第17回

2017年8月17日 第33号

ぜい肉のつきやすい「5大ポイント」は「首の後ろ」「背中」「腕」「足首」そして「おナカ周辺」は男女を問わず新陳代謝の落ちてくるころから、ぜい肉がついてくる問題の部分。どうにかしたいものです。

 「動きがにぶくなってきた」と感じる方、運動不足の方「今年こそはお腹を引きしめたい」と思っている方、どうか以下を参考にしてください。

お腹を引きしめたい方:腹筋がおちると、必ずお腹にぜい肉がついてきます。

1.腹筋をきたえる法

脇のぜい肉をとりたい方:胴体は、手や足に比べてぐんと運動量の少ない所。意識して、使わない所、縮んでいる所を使いましょう。

2.脇をのばす法

胴まわり全体を引きしめたい方:

3.ねじりのポーズ

 いずれも、いつも使わない筋肉や、動きの少ない部分を使うポーズです。コツは「ぜい肉をとるゾ!」と意識して行うこと。

 ポーズを続けることで、ぜい肉をとるばかりではなく、体を支える大切な筋肉も鍛えて姿勢もよくなって、体が若返るはず。

≪和子からの一言≫

 上記の動きはオフィスやおうちでも簡単にできるポーズ。ぜひ、ちょっとした隙間の時間を使ってヨガをとりいれてみてください。

 腰や胴回りの引きしめポーズはどれも内臓に近い部分のストレッチなので、内臓にスペースをつくり、内臓間の血流をよくして体内温度上昇にも役立ちます。ぜひおすすめです!

〜KazukoヨガではMomokoヨガを継承し、シニアや初心者の方でもできるやさしいオールレベルのヨガを行っています〜

池側和子
クラスの詳細、プライベートレッスンなどはお気軽にお問合せください。
ヨガ・インストラクター 池側和子
778-891-9917/yogawithkazuko@gmail.com

ウェブサイト www.kazukoyoga.com