「カナダで出会った新渡戸稲造」①

1674
sotokaramiru-nihongo

その知られざる魅力  ①

 この「カナダで出会った新渡戸稲造」ですが、バンクーバー新報に2017年6月から7回ほど掲載されました。その後新たな発見や、付け加えたいこと、そして少し直したいところなども多々見つかり、今回の新しいオンライン版バンクーバー新報に改めて投稿したく、よろしくお願いいたします。

☆ 新渡戸ガーデンの漢字「紀念」のすばらしさ

 数年前に、ある「きっかけ」から新渡戸稲造にのめり込みました。日本に行ったときは、彼の生まれ故郷の盛岡まで足を延ばしたり、ゆかりのある伊豆・下田を訪れたりしました。そして2016年には台湾まで、新渡戸稲造の胸像にハグしに行ってきました。

新渡戸稲造像と矢野アカデミーの矢野修三校長
新渡戸稲造の像と著者

 ですから、当然UBCの大学構内にある新渡戸ガーデンには何度も足を運んでいます。庭園の入り口の前で何回も写真を撮りました。でもまったく気がつきませんでしたが、友人から入り口の看板の漢字について質問を受け、とても気になりました。「新渡戸紀念庭園」です。普通は「記念」と書きますが、「紀念」になっています。

新渡戸ガーデンの看板は記念ではなく紀念
確かに「紀念」となっています

 早速いろいろ調べてみました。明治や昭和初期は「紀念」も「記念」も同じような意味として両方使っていたようです。でも昭和21年(1946年)の当用漢字設定のころから、文化庁の指導もあり、「記念」が一般的になって、「紀念」はほとんど使われなくなりました。確かに現在の大部分の辞書には「紀念」は載っておらず、世代にもよりますが、「紀念」は古風な感じがします。

 今の新渡戸ガーデンは昭和35年(1960年)に完成しました。この時はすでに「記念」が一般的になっており、なぜわざわざ「紀念」の漢字を使ったのだろうか、という疑問が湧いてきました。台湾を訪れたときに、「國父紀念館」や「中正紀念堂」など見学しましたが、漢字はすべて「紀念」になっていました。案内してくれた日本語教師養成講座の卒業生いわく、漢字は両方ありますが、台湾ではほとんど「紀念」を使っているとのこと。さらにバンクーバーの中国出身の友人にも聞いたところ、何となく使い分けており、例えば、結婚紀念日などは「紀念」、でも単なる記念品などは「記念」と書き、間違いなく「紀念」のほうが、心や気持ちが入っている感じがするとのこと。 うーん、なるほど。大いに納得である。

 新渡戸稲造について、いろいろ調べているうちに、こんな本が見つかりました。1898年、彼の最初の著書とされる『農業本論』の冒頭に「亡母の紀念に此の書を捧ぐ」と記してあり、「紀念」を使っています。なるほど、当時は日本でもちゃんと使い分けていたのでは、と感心しました。末っ子の稲造は母親の愛情を強く受けて育ちました。そして札幌農学校の学生のとき、母の死に目に会えなかったことが大きな後悔でした。そんな母への思いがこの「紀念」という漢字を使ったのでは、と思えてなりません。

 そして、この庭園の設計者である森歓之助(1894年~1960年)もこのことを踏まえ、意識してこの「紀念」を使い、「新渡戸紀念庭園」としたのでは、こんな思いを強く募らせています。「紀念」素敵ですよね。中国や台湾ではこの「紀念」のほうが、主に使われており、日本でも昔は紀念館や紀念碑などに使っていたようです。でもなぜ、この漢字「紀念」を使わないようにしてしまったのか、日本語教師としてはとても残念です。

 次回より、新渡戸稲造にのめり込んだ「きっかけ」や生い立ち、さらに台湾との関係や国際連盟での活躍など、その知られざる魅力に迫ります。

願はくはわれ太平洋の端とならんが有名な新渡戸稲造
「願はくはわれ太平洋の端とならん」は新渡戸稲造の言葉としてあまりにも有名。
灯篭もある森歓之助設計の日本庭園
趣深いUBCの新渡戸ガーデン
四季折々の情緒が楽しめる新渡戸庭園
何度も足を運んだ
新渡戸記念庭園の看板
新渡戸紀念庭園の入口の看板

YANO Academy   (日本語学校)  
・日本語教師養成講座  
・外から見る日本語講座      
毎月開催(オンライン講座も可)
住所 #121-970 Burrard St. Vancouver. BC
電話  778-834-0025
メール: yano@yanoacademy.ca
ホームページ:  https://yanoacademy.ca/