97 夏好ちゃんの思い出

1427

~グランマのひとりごと~

 ねぇ、ナツミ(夏好)ちゃん、「海賊…」とかいう本だけどさぁ、知らないかなぁ? 何だかあなたの仕事の話聞いていたら、その本のモデルになっている石油会社「出光興産」にあなたが働いていたのと違うかなぁと思ったのだけど。すると彼女は「知ってるよ、それって『海賊と呼ばれた男』っていうのよ」

 はっきりそこに勤めていたとは言わないが、どうやらその会社で働いていたようだ。本人がそう言わないのに無理に聞く必要もない。とにかく、そうして、28歳の留学生でワーキングホリデーでもある日本の若者、古川夏好ちゃんとグランマ77歳は友達になった。

 それは、2016年春のことだ。彼女はよく本を読む若者で、読書の好きな老婆と話が合うのだった。

 そして、その夏しばらく便りがないなぁと思っていたら、実は9月8日から彼女は行方不明となっていた。そして、数週間後、デンマンストリートの古いマンションの庭でスーツケースに入れられた彼女の遺体が見つかった。

 優しい彼女のメールが今も残っている。ある我が家での寿司パーティーの日、彼女からのメール。

学校が12:00に終わるので、それからすぐ向かえますよ。
澄子さんのご自宅まで1時間くらいかと思いますので、
1時にはお伺いできると思います。
ご都合のいいお時間教えてください。
買い物もご一緒させてください^ ^

なつみ

 遺体が発見された、そのうっそうと木の茂るマンションの庭で、9月8日、青木住職やナツミちゃんの友達が集まり、法要が行われた。

 亡くなって間もない49日の法要は、やはり青木住職と懸命に夏好ちゃん探しをしたグループの1人、ハイディ浜野さんの2人が雨の中行ったと聞く。

 行方不明から遺体発見まで日本領事館の方達も大変な働きをされ、夜中まで情報収集に時間を使われたという。

 日本と時差があるから青森のご家族に連絡は夜中になったこともあるわけだ。夏好ちゃんの母、恵美子さんは誰一人知る人のいなかったバンクーバーに、今はたくさんの心温かい友達ができた。

 マクロバイオの食事療法士、恵美子さんは、夫と青森の町から「出産とよりよい自然環境での子育ての場」として、八甲田山へ越した。出産は全て自然分娩。5人の男の子、1人女の子が夏好ちゃんで、6人の子供を産み育てた。

 村人達が皆家族のようで、どの家の子も一緒に村人に育てられているようだったと恵美子さんは言う。ある夏の出産日、暑くてフーフー喘ぐ恵美子さんを団扇であおいでくれたのは、娘の夏好ちゃんだったという。しかし今、たった一人の女の子、夏好ちゃんは帰らない人となってしまった。

 ここバンクーバーで皆の思いやりの法要が毎年続けられ、今年で5年目だ。

 犯人は刑が決まっていると聞いたが、今年になって上訴のための公聴会が行われるという話だった。そうした裁判には、今も領事館から必ず誰かが必ず来ていると聞く。

 夏好ちゃんは9月8日、午後から就職希望のミクというレストランで面接予約があった。これはあくまでグランマの想像だが、彼女は顔見知りの(犯人)ホームレスの男性にその面接前に偶然か、理由があったかわからないが出会う。

 そして、ねだられたか?自分からか買ったか?とにかく、リカーストアでお酒を買ってあげている。それで、いろいろ憶測されたのだが、彼女はこのバンクーバーへ来る前にスイスで働く長兄を訪ねていた。

 その長兄の話で、彼が彼女とマーケットに行った時、見知らぬホームレスに出会った。すると彼女は缶ビールを買ってきて、その人へあげ、なんと一緒にビールを飲んでいたという。多分、ホームレスの人を「励まし、力づけてあげよう」という前向きな彼女の性格が、そうさせるのだろう。

 だから、このバンクーバーでも時々街で出会ったそのホームレス(犯人)にそんな気持ちを持ったのかもしれない。彼女には明るく、優しいIT技術者の男友だちもいた。だから、変な憶測はしない方が良い。また、後でわかったことだが、その犯人は既婚者で子供が1人いる。相手は日本人女性だが、ずっと以前、既に日本へ親子で帰っているという。

 夏好ちゃん行方不明のニュースが出た時、グランマは新聞を見ながら「随分、ナツミちゃんに似ている人だなぁ」と思ったが、同人だとは想像もしなかった。彼女は私にとってはFurukawa Natsumi/古川なつみで、Kogawa Natsuyoshi/古川夏好とは別人だったのだ。

 ところが我が家での6月寿司大会に同席者、大妻女子大学の教授、チャン・ヤンへさんが日本から電話をかけて来た。「澄子さん、今テレビで上映されているニュースの行方不明者、夏好ちゃんは寿司大会にいたなつみちゃんだから、行方を探しなさい」と言った。

 グランマはそれをきっかけに、ナツミちゃんを探そうとしたが、どうしてよいか全く見当がつかずもたもたしていると、「遺体発見」のニュースが出た。古川夏好と私のナツミちゃんが本当に同人物だったのだ。

 それから間もなく、グランマが書いたバンクーバー新報掲載の『悲しい思い出エッセイ』を誰かが青森の恵美子さんヘ送り、その年、12月に100ケ日の法事でバンクーバーへいらした恵美子さんが我が家を訪ねてくれた。

 恵美子さんの夫は2015年に、翌年2016年夏好ちゃんの他界をニュースで知り、そのショックで倒れた恵美子さんの母親は、それから入退院を送り返し、2019年9月に他界。

 それでも恵美子さんは力強く生き、時々、このグランマまで慰め、励ましてくれる。

 人は「どんな環境で生きるかより、どんな生き方で生きるか」なのだろうか?

「喜々として、危機に挑むかぁ。」でも、失敗や試練ほど意味のあるものはない。

グランマ澄子

古川夏好さん殺害事件
 2016年9月8日、語学留学していた古川夏好さんが行方不明になり、同28日に遺体で見つかった事件。2018年にウィリアム・シュナイダーが有罪判決を受けている。

***

 好評の連載コラム『老婆のひとりごと』。コラム内容と「老婆」という言葉のイメージが違いすぎる、という声をいただいています。オンライン版バンクーバー新報で連載再開にあたり、「老婆」から「グランマのひとりごと」にタイトルを変更しました。これまでどおり、好奇心いっぱいの許澄子さんが日々の暮らしや不思議な体験を綴ります。

 今後ともコラム「グランマのひとりごと」をよろしくお願いします。