《お母さんのおなか・瞑想リラックス法2》

1638
yoga

ヨガと健康 第59回

 (バンクーバー新報に20年以上掲載された、故、百々子・鈴木・パウルス師による人気コラムを、さらに加筆しながらヨガに関連した内容を連載しています。)

 私たちはふつう“心身”とか“心と体”という言い方をし、“身心”や“体と心”という言い方はしません。私はこれを”心”が”先”であり、大切なものであって”心”の状態が”体”に反映する…と読みます。これが逆になってしまっているのが現代の盲点――すなわち病気や不調があると、そのもの=”体”のみに意識が先行し”心”と切り離した”体”のみを治療しようとする――

 これでは片手落ち。だからこそ、ちっとも根本から病気は治ってくれません。

 そこで”心”をまず良い状態、健康な状態に整え、そして”体”にも良い影響を与えようではないか、それが根本からの健康維持への近道ではないか…。

ということで、私は5000年余の歴史の中で練られ、そして現在でも実行されている“ヨガの瞑想法”に注目してみたいと思います。

<念ずれば花ひらく――チャクラ開発法>

 ヨガの知識がないと少々わかりにくいのですが、ヨガでは体の中に“チャクラ”というエネルギーの源(神経の集まっている所)がある、と言います。“チャクラ”自体、目に見えないので説明が難しいのですが、この『気』の集中する場である“チャクラ”を瞑想や呼吸法で浄化することは、心と体に「真の健康」をもたらす――またチャクラを開発することで、自己の持つ能力(あるいみでは体力・免疫力・自然治癒、または精神力、集中力、意志力など)が最高に高まる――とヨガでは考えます。

[5大エネルギー源(チャクラ)の位置]

※チャクラは5つとも6つとも、7つとも言われる。

[チャクラと体の関係と関連した色]

(1)性器 ー 黄色 ー 筋肉と骨

(2)おへそ ー 白 ー 血液とリンパ液

(3)胸 ー 赤 ー 体温

(4)のど ー 緑 ー 呼吸機能・神経機能・運動機能

(5)眉間 ー 青 ー 意識

チャクラの位置 ©池側和子/ヨガと健康
チャクラの位置 ©池側和子/ヨガと健康

【チャクラ開発瞑想法】

            ・呼吸と共にチャクラを浄化する

            ・色を意識してチャクラを強く意識する

            ・悪いエネルギーを心と体から吐き出し、良いエネルギーを吸収する

             イメージを常におく

 まず、一番リラックスできる姿勢をとり、ゆったり深い呼吸を続けます。(吐く時はお腹がへこんでペシャンコになり、吸う時はお腹が膨らむ要領。)

 そして息を吐く時、図の(1)のチャクラから(2)→(3)→(4)→(5)というように心や体の毒素(疲れ、ストレス、痛み、欲望、嫌な感情など)が全部吐き出されるイメージをおきます。

 吸う時は自然のエネルギー・良い力強いエネルギーが(5)から(4)→(3)→(2)→(1)と全身に流れ込みます。

 慣れたら各チャクラの色を「光」として一つずつイメージしてチャクラを強く意識します。関係する体の部位も同時に癒されるといいます。悪い部分がある方はそこが「癒されるんだ」と強く念じましょう。(念力)

 続けるうちに雑念もなくなり、集中力が高まり”心”がとても平和になります。

 そう、”心”が平穏になると”体”を癒す力も最高になり、生きる力が充実するのです。

 こうした瞑想時は脳にα(アルファ)波(心身の“健康を維持しよう”という自律神経の働きが最高に高まる――というのは最近科学的に証明されたこと。

 不思議なことに、この瞑想時の脳波は私たちが赤ちゃんの時、お母さんのおなかのなかにいた時(守られ、最高に安らかな時)の脳波と同じだそう。

 たまには“お母さんのおなか”に戻ってみませんか?

≪和子からの一言≫

 今回百々子先生の書かれたチャクラについては、色々な瞑想法や浄化法があふれています。チャクラに関しても7つあるという説など、さまざま。しかし、体のエネルギーの束、スポットに焦点を当てて瞑想するという方法は共通しています。外側へ向いている感覚、意識を体の内側、あるスポットへ集中させていくという方法はいつも忙しいマインド(意識)を鎮める上でとても大切です。

 たとえいつも意識せず行っている呼吸を数えるだけでも、十分な内観の瞑想法になります。情報で溢れかえっている外側の世界から、平穏、静寂の内側の世界へ意識を向ける時間を少しでも良いので作ってみてください。きっと平穏な心が生まれてくるはずです。

合掌

~KazukoヨガではMomokoヨガを継承し、シニアや初心者の方でもできるオールレベルのヨガを行っています~
プライベートレッスンなどはお気軽にお問合せください。
ヨガ・インストラクター 池側和子
778-891-9917 kaz_ikegawa@hotmail.com
www.kazukoyoga.com