《合掌のポーズ》

1703
yoga

ヨガと健康 第60回

 (バンクーバー新報に20年以上掲載された、故、百々子・鈴木・パウルス師による人気コラムを、さらに加筆しながらヨガに関連した内容を連載しています。)

合掌のポーズ

合掌のポーズ © 池側和子

 もし、すべての問題が人知人力で解決がつくものなら私たちは“祈る”ことはしないでしょう。が、現実は祈りたいことだらけ…。そして祈りの時には“手を合わせる”というのが自然の動作です。この自然な合掌のポーズには何か特別な効能があるのでしょうか?

 まず手のひらを胸の前で合わせてください。目を閉じゆったりと深い呼吸を続けましょう。不思議に心が落ち着いてきませんか?

<そのわけは?>

手や指のツボ© 池側和子

 1. 手や指にはこれらを代表に心身に関連したツボや体の内部に反射する所がいっぱいあります。  

 2. そのうえ、手・指から腕の内側を通る「経絡(けいらく)」(ツボの流れる道・“気”の通り道)を刺激します。 

  ⇒体力や免疫力を保ち、血液循環と関連した心臓、及び心臓を取り囲む筋肉と関連する腕の内側の「経絡」は心理面にも大いに関係し、精神を安定させる効果あり。

 3. 合掌したまま、もう少し胸筋・上腕筋を使うよう手のひらを押しあうと心臓自体の筋肉を鍛える効果もあります。

  ⇒“上腕の筋肉”は“心臓の筋肉”と同じだと思って筋肉を意識してみること。

 4. そして呼吸を深くゆったりすることで自律神経を整え、心身のバランスを回復させてくれます。

 合掌のポーズ・・・心の臓をきたえ、“気”の流れをよくして心身を安定させるポーズ

 心身ともに幸せな年となりますように。(合掌)

≪和子からの一言≫

 ヨガの練習ではよく合掌をポーズ中に行ったり、練習の終わりに合掌をしたり、たびたび使うポーズです。ポーズとも言われますが、実は手のひらから出てくるとても強いエネルギーを「合わせる」ことにもつながります。ヨガでは各指先、手のひら全てから様々な脳神経へ信号が伝わっていると考えられます。ですので、ムドラ(印)としても指先を合わせたり合掌が使われます。ぜひお試しください。

合掌

~KazukoヨガではMomokoヨガを継承し、シニアや初心者の方でもできるオールレベルのヨガを行っています~
プライベートレッスンなどはお気軽にお問合せください。
ヨガ・インストラクター 池側和子
778-891-9917 kaz_ikegawa@hotmail.com
www.kazukoyoga.com