第17回「寒い冬の金沢~我が家の小さなSDGs~」

3766

金沢からこんにちは 

 こんにちは、金沢の小さなゲストハウス「ポンギー」のにいなです。

 2月になり、先日も金沢は雪が降りました。30センチくらいの積雪ですが、久しぶりの雪かきに全身筋肉痛! 普段からもっと運動しておけばよかった…と思う今日このごろです。

 今回は、寒い冬にポンギー(宿)で活躍している便利なエコ暖房グッズをご紹介します。

2月になり、先日も金沢は雪が降りました。。Photo courtesy of Pongyi
2月になり、先日も金沢は雪が降りました。。Photo courtesy of Pongyi

家の中にホース? 温風ダクト!

 皆さん、ご自宅では普段どのような暖房器具を使っていらっしゃいますか? バンクーバーではセントラルヒーティングがあるご家庭も多いかもしれませんね。

ポンギーでは数年前から「温風ダクト」のお世話になっています。

ファンヒーターとこたつをつないでいる茶色いホースのようなものが、温風ダクト。Photo courtesy of Pongyi
ファンヒーターとこたつをつないでいる茶色いホースのようなものが、温風ダクト。Photo courtesy of Pongyi

 お分かりでしょうか? ファンヒーターとこたつをつないでいる茶色いホースのようなもの。これが温風ダクトです。

 「こたつホース」や「省エネダクト」という名前でも販売されています。この温風ダクト、こたつの電気代がかからないので電気代の節約になるんです。

 「えっ? たんなる筒じゃない。こんなもので本当にあたたかくなるの?」

 そう思われる方も多いと思いますが…。これがびっくり、とーってもあたたかくなるのです! しかも、電気であたためるよりも早くあたたまるんですよ。

 使い方はいたってシンプル。ファンヒーターの温風をこたつに入れるだけです。温風がダイレクトにこたつに入ってくるので、こたつの中はポッカポカ。

 ポンギーには6~8名が入れる大きなこたつがあるのですが、毎日長時間こたつを使うと、ひと冬の電気代が2万円ほどになります。

 「この電気代、どうにかならないかなぁ」といろいろ考えていたところ、「そういえば、私の実家で温風ダクト使ってた!」と思い出し、すぐにネットで注文しました。

 これを使うようになって、電気代がひと月に5000円以上の節約となりました!

 関東や関西から来られる方は、「これ何ですか?」とコタツからでているホースをみてけげんそうにされます。

 調べてみると、どうも発祥は東北地方のようで、北陸の他に新潟、長野でも使われているようです。

愛すべきダクトのデメリットは…

 見た目が少々芋虫っぽいところと、ついつい踏んでしまうこと。コタツ布団からジャバラのダクトがでていると「何これ?」感満載です。

 そして、お掃除のときもついつい踏んでしまうし、ゲストさんはもちろん慣れていないので知らずに踏んでしまう…。

 そんなわけで、我が家のダクトはボコボコになりながらも、けなげにコタツに温風を送り続けてくれているのです。

 コタツを使用している家だけの電気代節約グッズですが、すぐあたたまる一石二鳥の温風ダクト。これも、ちいさなSDGsかと思っています。

 あなたのお家のSDGsは何ですか?

 

ゲストハウスPongyi(ポンギー)
金沢で一番古いゲストハウス。素の自分でいられ、他の人と交流できるアットホームなお宿。築140年の金沢町家。ミャンマー僧侶経験のある代表まさきと、若女将のにいなで運営中。
 

ゲストハウスPongyi HPwww.pongyi.com