《〜風邪には ”キャベツの帽子” ?!〜》

4540

ヨガと健康 第82回

(バンクーバー新報に20年以上掲載された、故、百々子・鈴木・パウルス師による人気コラムを、さらに加筆しながらヨガに関連した内容を連載しています。)

 時代と逆行するような「ヨガ」を伝えているからか、時代についていけない前時代的頭脳だから「ヨガ」をし続けているのか、その辺は定かではないのですが、私の周りのカナディアン及びファミリーによると私は「Dinosaur(恐竜)」とのこと。もちろん車の運転をして排ガスをふりまいてもいるし、冷凍・冷蔵庫、掃除機など文明の利器にも大いに頼っているので、エラそうに言えませんが、例えば「ファクシミリや電話よりは手紙を書く方を選ぶ・・・」と言えば、だいたい私の日常生活及び生活態度がわかっていただけるでしょうか。

 体に関しても、ほぼ近代的療法より自然の生薬や民間療法を選ぶわけですが、私の体験(人体実験)から言うと、これが結構前時代的な古臭いものをバカにできない効果がある!のです。折に触れ、最近は民間療法、自然的療法を紹介している私ですが、今回ご紹介したいのは『キャベツの帽子』です。

 幸いに(?!)私は虚弱な体質で生まれたため、子どもの頃より様々な健康法といわれるもの、治療法を試してきました。その当時は日本の伝統的な民間療法や自然療法、及び中国の東洋医学的療法が中心だったようですが、子ども心にも何か不可思議だなぁ、と思ったものもいくつかあります。

 そんな中で、ものすごく「変!」だけれども、ものすごく効果のあったのが『キャベツの帽子』。風邪をひいて熱が出た時に解熱剤を飲む前に一回キャベツの帽子をかぶっていただきたい!

<『キャベツの帽子』の効力>

 己が持つ自然回復力を信じるヨガでは風邪をひいて熱が出たら解熱剤などで熱を無理やりおさえつけるより、熱(=毒素)を出し切ってしまえ、と教えます。そして「汗」として毒素を出してしまえば自ずと治るという考え方。その際、体は温めて温め尽くしますが、頭は冷やす「寒頭足熱」が基本。

 (私の小さい頃は「アイスノン」とかいうカチカチに凍らない氷嚢のようなものが各家庭の冷凍庫の中に一つはあったように記憶しますが、あれは今でもあるのでしょうか?)

 ともあれ、キャベツ!風邪をひいてしまって熱も上がっていたとしたら、あったかくして、ベッドに入り、冷蔵庫で冷たーくなったキャベツの葉を1枚むしり、額にかぶせてみてください。

 キャベツの葉が温まってきたらまた取り替える、を繰り返して熱をとっていくわけです。

 薬効の有無は不明ですが、氷水で絞ったタオルよりもあたりが柔らかく、寝返りをうってもベッドが濡れないのも結構なこと。

 加えて、「風邪をひいたら梅干しとお粥!」という正統派の方(?)にはこんな方法もあります。

<体を温め、熱を出すために(寝る前にすると効果的)>

・「足湯」:ただのお湯でも可。できれば1リットルのお湯にカラシ粉大さじ1を溶かした中に7〜8分、両足をつける。

・「スパイス・ティー(ホットワイン)」:イギリス式卵酒。ショウガ、シナモンスティック、コリアンダー、クローブを水で煮煎じ、レモンスライスとハチミツを加える。(水をワインにしても可)

・「しょうが湯」:簡単にしょうが1かけをすりおろして熱湯を注いで飲む。

(喉が痛む時に)

・「塩水でのうがい」:人肌のミネラルウォーターに自然塩を溶かしてうがいをする。(大根のおろし汁のうがいも効く。)

・「ハチミツ・大根」:大根のいちょう切りをハチミツに漬け、大根から水分が出てしなびたら取り出して、ハチミツをお湯割りで飲む。(そのままでも可)

(胃腸の働きが落ちている時に)

・「梅しょう番茶」:梅肉としょう油を練り、番茶を注いで混ぜて飲む。

などなど。

<自分の体にきけ!>

 緊急時だけでなく、時には自分の体の声を聞く時間をつくることを「ヨガ」では勧めます。1週間に1回でもよい。ゆったりと深い呼吸をしつつ自分の体の “内” に意識をもっていき、自分の体の声を聞いてみる。そして体に敏感になることは感覚をシャープにし、自分の異常に早く対処できるだけでなく、自らの健康を維持する力もシャープにします。

≪和子からの一言≫

 急に寒くなってきたバンクーバー、周りには風邪をひいている人もずいぶん増えました。上記の民間療法は昔から伝わる不思議ですが、効果のあるものだと信じています。しかし、手に負えない高熱や呼吸困難になるような咳などがあるときはお医者様に診ていただくことも大切。肝心なことは「自分の体を知り、体の内側からの声をしっかり聞く」ことが鉄則です。体からのSOSを見逃すことなく、自己免疫力を高めるための運動(ヨガ!)、食生活を心がけてくださいね。

合掌

~Kazuko YogaではMomokoヨガを継承し、シニアや初心者の方でもできるオールレベルのヨガを行っています~
プライベートレッスンなどはお気軽にお問合せください。
ヨガ・インストラクター 池側和子
778-891-9917
kaz_ikegawa@hotmail.com
www.kazukoyoga.com