「七五三のお祝いに想う」  

1591

カナダde着物 

第6話 季節*照紅葉

 11月15日は七五三のお祝いの日です。もちろん、この日にお祝いをしなくてはいけない訳ではなく、ご家族のご都合の良い日が一番“佳き日”なのだと思います。

 元々は子どもの死亡率が今よりも高かった昔に、子どもたちの健康祈願と成長を感謝する儀式として始まったそうです。宗教や地域を問わず七五三のお祝いができたらいいですね。

紅楓 Photo © コナともこ
紅楓 Photo © コナともこ

「子育て、親育て、そして七五三でちょっと立ち止まりましょうか」

 私は着物好きが高じて、お子様たちへ晴れ着のお支度をさせて頂くようになりました。

 最初にバンクーバーにありました写真屋さんで、七五三写真撮影の着付を担当させていただきました。それ以降、現在に至るまでカナダに住む日本人ご家族、カナダ人ご家族、多国籍ご家族などなど…400組以上のご家族のお祝いのお手伝いをしてまいりました。

 そこで感じましたのは、世界のどこで子育てをしていても、どの親も子どもへの思いは同じであり、その子育てを通じて様々な経験と感動を親たちは味わうのだということです。

 山あり谷ありの子育てですが、時には立ち止まり、自分の子育てを振り返り、色々な思いを馳せる、そのような時間が必要だと痛感しました。

 七五三は子どもたちの成長のお祝いですが、親にとっても大事な人生の節目であると感じたのです。

七五三のお祝い/7歳、5歳、3歳 Photo © コナともこ
七五三のお祝い/7歳、5歳、3歳 Photo © コナともこ

「子育て 10の壁から学んだこと」

 着付の仕事は、途中、写真屋さんが閉店したり、日本へ移住されたりしたものですから、一旦は休んでおりましたが、いくつかの七五三用の着物が手元に残りました。

 「さて、どうしましょう」と考えていました時、長女が日本語学校のカリキュラムについて行けずやめてしまいまして、 “10歳の壁”といわれます反抗期も重なり親子喧嘩が絶えない日々が続いておりました。

 様々な習い事をやめてしまいましたが、日本語を使うことは楽しんでいる長女でしたので、何か他に彼女が日本語を使い学べるチャンスがないかと模索しておりました。

その時、夫に言われました。

「日本には、日々の生活の中に文化があり、習慣があり、言葉がある。日本語学習は机上だけではなく、衣食住の多くの場面でも学べる」

 そうなのです。うん十年前に夫は“こんにちは”と “ありがとう”しか日本語は知らず日本へ降り立ちましたが、ホームステイや日本の友人を通じて、生活の中で日本語を習得していきました。

 もちろん、読み書きの学習努力も加わり、言語にいっそうの磨きを加えたのだと思います。

 私のやり方は、日本語学校の同級生と同じ勉強のペースに合わせ、ただ魚を木に登らせるように(*1)一方的に進めていたのです。

 彼女にとって、どのように日本語を学ぶことが良いのかという問題に向き合っていませんでした。そして、「長女が日本語学校の通学を続けられなかった…」という私の悲観は、自分の子育ての理想を実現できなかったという私の挫折感だったのだと気がつきました。

 日本人の親を持つ子ども達が日本語を話せることに誇りを持ち、伝統の着物や日本食、そして日本の季節のしつらえなどを「素敵だな。いいなー」と感じてもらえるような活動をしたいと思いました。

 それが、お寺での七五三祝法要を始めたきっかけとなりました。

和の学校@東漸寺  Photo by Manto Artworks
和の学校@東漸寺  Photo by Manto Artworks

(*1)魚を木に登らせるような教育を疑問視する運動があるそうです。元はアインシュタインの言った「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう」からきてまして、個々の個性を尊重し能力を伸ばしていくことは、子どもの幸せに繋がるという考えです。

(後半へ続く)

茶道*炉開き@東漸寺 着物訪問着菊柄 帯つづれ織名古屋彩雲  Photo © コナともこ
茶道*炉開き@東漸寺 着物訪問着菊柄 帯つづれ織名古屋彩雲  Photo © コナともこ

 七五三のお祝いを迎える皆さま、おめでとうございます。

 混沌とした世の中ではありますが、ご家族の愛に包まれ、ますます健やかにご成長されますよう、心からお祈りいたします。

カナダで楽しむ着物の世界のkona tomoko コナともこさん

コナともこ
 アラフィフの自称着物愛好家。日本文化の伝道師に憧れ日々お稽古に励んでおります。
 10年前からコキットラム市の東漸寺で「和の学校」を主宰。日本文化を親子で学び継承する活動をしております。
 カナダ人の夫+高校生と大学生3人娘+老犬1匹と暮らしております。バンクーバー近郊在住。 

和の学校ホームページ https://wanogakkou.jimdofree.com/
Facebook https://www.facebook.com/tomoko.kona.98
Instagram https://www.instagram.com/konatomoko/?hl