2021年7月26日

最新

「盛夏*凉しげな薄単衣へ」

今年のカナダデイは鎮魂の中、行きかう人々はオレンジ色で気持ちを表していました。

運のいい奴 2 ~投稿千景~

 農業研修所に在学していた18歳の夏に小遣いを稼ぐ目的でビルの清掃作業のアルバイトを新聞で見つけて働きはじめた。場所は名古屋市の中心にある有名なデパートの高層ビルデングであった。

第53回 トーテンポールが取りもつ歴史の絆 ~3

Yelton氏が選んだ材木は樹齢300年以上経ったレッドシダーの巨木で、高さ4m、直径約70㎝、重さ500㎏あり、制作には3か月を要した。

161 介護施設 〜コロナ禍での家族の選択〜

その日も、いつものように、認知症関連のオンライン記事を探していました。ポータルサイトに掲載されたコラムの後に、関連記事を読んでいると、偶然、その両方に「要介護認定」の「不服申し立て」というキーワードが登場しました。

第79回「大きな成果を生むための必殺技とは」

お店の「名物」を作るべく、「焼き芋」の売り伸ばしに取り組んだご報告だ。

「カラフルサラダのライムとクミンパウダー ドレッシングがけ」

カラフルサラダ。©Kimiko Suzuki
バンクーバーにもようやく待ちに待った夏がやってきました。見た目にも食欲をそそるカラフルでヘルシーなこのサラダ。

第10回「夏の風物詩 氷室饅頭!」

7月といえば七夕!…ですが、7月には金沢ならではの風習があるのです。今回は、知る人ぞ知る?そんな金沢の風習をご紹介します!

「 初夏*暮らしを彩る染めもの」

天然の植物染料(*1)からできている草木染(*2)は、制作の過程で品質を一定にすることが難しく、単一の色を持たないので、同じ色を出すことがほぼ不可能だそうです。

160 「要介護認定」の「不服申し立て」

その日も、いつものように、認知症関連のオンライン記事を探していました。ポータルサイトに掲載されたコラムの後に、関連記事を読んでいると、偶然、その両方に「要介護認定」の「不服申し立て」というキーワードが登場しました。

第111回 旭日小綬章とスーちゃん 

ああ、又私は貴方に泣かされました。涙が一杯 貴方のメイルを読んで、まるで私が『スーちゃん』になった気分。そして返信メイルを書きながら、又うれし泣き、有り難う!