2022年5月17日

最新

第124回 「自分の番 いのちのバトン」2

グランマのひとりごと
紀元前3000年前頃、「自分を将来訪ねてくる、全ての人の運勢を占う」と言った「聖人アガスティア」のナディ―リーダーを訪ねてみようと決心した。

第20回「街なかにとけ込むアートなオブジェ」

ところどころに出現する現代風なオブジェにびっくり。金沢は、現代アートにも親しみのある街なのです。

第89回「焼き芋と石油ストーブ」

ある治療院からのご報告。開業して25年、ベッド1台の小さな、店主いわく「隠れ家的」なお店だ。

181 介護は誰がするべきか?

 世間一般の親御さんは、将来、自分に介護が必要になった時、誰に介護をしてほしいと思っているのでしょうか?

第123回 「自分の番 いのちのバトン」1

グランマのひとりごと
毎日、毎日、家じゅうの持ち物を一所懸命、整理している。つまり「終活」だ。でも、懐かしい思い出の物がどんどん出てくるので楽しい。

239 ☆ 「着物」と「和服」の違い ? 

sotokaramiru-nihongo
「着物と和服」や「日本食と和食」などの「違い」である。でも、なぜ同じような意味の言葉が二つもあるのか、

「春爛漫*桜さくらこの手にとまれ」

桜が咲き始めてあっという間に4月もそろそろ終わりとなりました。振り返りますと今年のバンクーバー近郊は、暖かい日もあり桜はいつもより早く咲き始めました。。

180 おばあちゃんの「認知症」

小学生の頃、毎年、夏休みになると、お母さんと飛行機に乗って日本のおばあちゃんの家に遊びに行ってた。

第122回 91歳と88歳誕生日 お祝い会

グランマのひとりごと
随分前の事だった。グランマは時々日系人の集まりに参加する。するとよく見かける白髭の老紳士がいた。

第62回 難民/避難民/準難民

ウクライナ戦争。欧米諸国の中にも、人種に対する隠された同情的感情があるのかもしれない。