2022年1月25日

<寄稿・投稿のお願い> 本紙では、読者の皆様からのご投稿をお待ちしております。投稿欄は個人の意見を自由に述べていただくということを原則としていますが、文中、特定される個人、人種などを挙げて誹謗中傷している場合は編集部で削除させていただきます。投稿内容についてバンクーバー新報では事実確認はしておりません。また投稿内容は、バンクーバー新報の意見を反映するものではありません。オープンスペースとしてお気軽に使っていただきたいと思います。紙面の都合上、掲載日は確約できません。また、文字数は2000字以内とさせていただきます。編集部から不明な点などを確認できるよう、必ず連絡先を、また匿名を希望される場合は、その旨明記してください。 編集部 E-mail: info@vancouvershinpo.ca

運のいい奴 7 ~投稿千景~

戦争のない時代に、戦争のない国に生まれたかったと思っても、それは自分の力とか能力では選択できないものがある。

運のいい奴 6 ~投稿千景~

すっかり落葉樹の葉が落ちて枝のみとなった殺風景な寒々とした白い霜の朝をキチンから眺めれば、「ああ、今年も無事に過ぎてゆく

運のいい奴 5 ~投稿千景~

老いた者が若々しくすることを老春というらしい。その老春となり映画に出られた小生は夢のような話であった。

運のいい奴 4 ~投稿千景~

僕は映画に出ることになった。以前から、バンクーバーで長く活動を続けてきた座ダイコンのかたから、演劇の経験が十年になる小生に映画の話があるから応募してみてはと言われていた

運のいい奴 3 ~投稿千景~

『方丈記』の「ゆく河(かわ)のながれはたえずして、しかももとの水にあらず。

暑中お見舞い申し上げます ~投稿千景~

暑中お見舞い申し上げます。   気候の変動なのかバンクーバーも雨の降らない乾燥した暑い天気が続いていますが、今日は久々に朝から雨降りなので、夕食用のカレーライスなどを朝のうちに準備をして、ゆっくりとしています。

運のいい奴 2 ~投稿千景~

 農業研修所に在学していた18歳の夏に小遣いを稼ぐ目的でビルの清掃作業のアルバイトを新聞で見つけて働きはじめた。場所は名古屋市の中心にある有名なデパートの高層ビルデングであった。

運のいい奴 ~投稿千景~

妻が亡くなって、もうすぐ十年になろうとしている。晩年の人生計画が突然に狂い、自分で自活しなければ、いけなくなったことは予想外のことであった

車談義 ~投稿千景~

車を買うことにした。というのも一番下の息子が小生のガーデニングの仕事を手伝い、ゆくゆくは僕の仕事を引き継いでくれるという話になったからである。

カラスの人生 ~投稿千景~

墓園を歩いていると、頭上をカラスが飛んで行き前の方に降りる。