日系プレース基金理事長 ロバート・バンノさん死去

555
伝達された勲章を胸に、挨拶を述べるバンノさん(2016年9月 取材 平野 直樹)

 日系プレース基金の現理事長で、日系文化センター・博物館の初代理事長を務めたロバート・バンノさんが6月16日、亡くなったと日系プレース基金がウェブサイトで発表した。77歳だった。

 日系3世でタシメ収容所で生まれたバンノさんは、日系文化センター・博物館の設立に積極的に関わり、その後も同センターや日系シニアズ・ヘルスケア住宅協会の資金調達に尽力した。日本とカナダの相互理解の促進に寄与してきたとして、2013年には外務大臣表彰とエリザベス女王の在位を記念した賞、Queen Elizabeth II Diamond Jubilee Medal を受賞したほか、2016年には旭日双光章受章した。

 旭日双光章受章の叙勲伝達式 の記事(バンクーバー新報 2016年9月22日 第39号)

(西川桂子)