JETAABC(JET プログラム同窓会 BC/ユーコン支部)在外公館長表彰

779
羽鳥隆総領事主催の表彰授与式/ レセプション Photo courtesy of Consulate-General of Japan in Vancouver 
最近でも羽鳥隆総領事主催で公邸の庭を利用して表彰授与式/ レセプションが開催された  Photo courtesy of Consulate-General of Japan in Vancouver 

JET プログラム同窓会のブリティッシュ・コロンビア州ユーコン準州支部、JETAABCに対する、在外公館長表彰授与式

 9月15日、在バンクーバー日本国総領事公邸において、JET プログラム同窓会 JETAA (JET Alumni Association) のブリティッシュ・コロンビア州ユーコン準州支部、JETAABC(JET Alumni Association BC and Yukon)に対する、在外公館長表彰授与式およびレセプションが開かれた。

 BC州ガイドラインに沿ったコロナウイルス感染症対策を施した上で行われた、羽鳥隆総領事主催の表彰授与式およびレセプションには、JETAAの Tai Lam 会長はじめ役員等11名が出席した。

 在外公館長表彰は、日本と諸外国・地域との相互理解及び有効親善の促進に寄与した個人、団体に対して、在各国・地域の日本大使・総事が授与する。JETAABCは、 JET プログラムへの参加経験を生かして、参加者の募集、渡航前説明会や広報活動、選考など、プログラムをあらゆる側面で支援していることが評価された。

 授与式で羽鳥総領事は、ジャパンフェアやパウエル祭での草の根レベルでの日本文化に関する情報発信など、日加交流事業にJETAABCが積極的に関わってきたことに感謝の言葉を送った。

 さらに祝辞の中でジャパンボウル・メトロバンクーバー大会を主催したことにも触れた。ジャパンボウルは高校生に日本文化をもっと知ってもらって、日本語を学習してもらおうというもので、「過去3年間で多数のチームが参加して、大いに楽しむイベントになっています」と羽鳥総領事は語った。

 JETAABCを代表して表彰状を受け取ったGreg Joughin さんとTai Lamさんは、「今年の在外公館長表彰をいただいて光栄です」と挨拶。活動を支援してきてくれたとして、総領事館や外務省、自治体国際化協会(CLAIR)への感謝を述べた。また、日系文化センター・博物館や日加商工会議所、木曜会、バンクーバージャパンフェア協会、パウエル祭協会など、日系組織・団体が、東日本大震災のファンドレイジングやジャパンボウルほか、さまざまなイベントに協力、サポートしてくれたと振り返った。

 過去6カ月は新型コロナウイルス感染拡大で様々な制限があったが、JETAABCはウェブベースでイベントを行ったり、ほかのJET同窓会グループとの交流することで新たな機会が生まれたという。

 JET プログラムは語学指導等を行う外国籍の青年を招致して、地方自治体等で任用し、外国語教育の充実と地域の国際交流の推進を図る事業で、1987年に始まった。カナダは開始翌年の1988年からJETプログラムに参加している。

 JETAABC(JET Alumni Association BC and Yukon)は、JET プログラム同窓会 JETAA (JET Alumni Association) のブリティッシュ・コロンビア州ユーコン準州支部として、帰国後も日本とのつながりを保ち、二国間の架け橋となりたいと考えるプログラム参加者らにより1994年に設立。JET プログラムを終えた参加者で構成される同窓会組織であり、日本とカナダの友好関係促進のために草の根レベルで 様々な交流活動に従事している。

※JET プログラム:http://jetprogramme.org/ja/

JETAABCに対して在外公館長表彰 Photo courtesy of Consulate-General of Japan in Vancouver 
JETAABCに対して在外公館長表彰 Photo courtesy of Consulate-General of Japan in Vancouver 

(西川桂子)