スティーブストン日本語学校60周年記念 4

1382

スティーブストン日本語学校60周年記念を祝って 

 2020−2021年はスティーブストン日本語学校創立60年の記念の一年です。本校は創設以来、日本の言語や文化をコミュニティーに伝える役目を果たしてきましたが、新型コロナウィルス感染拡大により、現在学校での対面授業や行事が行えない状況が続いています。(2020年4月より、授業はZoom にて行われています。)

 そこで、2020年10 月より2021年6月まで、2ヶ月に1回、保護者・生徒に向けて60周年記念ニュースレターを発行し、学校の歴史を伝えていくことにしました。

 今回「バンクーバー新報」でその記事を共有し、一人でも多くの方に本校の歴史とコミュニティーへの貢献、そして本校の存在意義を知っていただけることを願います。

第4回: コミュニティーへの貢献

 1960年の開校以来、スティーブストン日本語学校は、スティーブストンコミュニティーセンター、そしてリッチモンド市と深い関係を築いてきました。日本の言語と文化の普及を使命に、本校は長年様々な地域のイベントに協力してきました。

 中でも最大のイベントは、7月1日のカナダの誕生日を祝う、カナダ国内でも有名な「スティーブストン・サーモンフェスティバル」です。本校は、毎年スティーブストンコミュニティーセンター関係の日系団体と「中華焼きそば」のブースに参加しています。この中華焼きそばは、常に長蛇の列ができるほど人気がありますが、忘れてはならないのは、この成功の陰に多くの時間と労力をかけて頑張るボランティアがいる事です。

サーモンフェスティバルで焼きそばを調理するボランティア。Photo courtesy of Joanne Nicholson
サーモンフェスティバルで焼きそばを調理するボランティア。Photo courtesy of Joanne Nicholson

 本校教師や保護者からなるボランティアは、イベントの数日前から、焼きそば用の莫大な量の野菜を切っていきます。長年の参加者である斉藤美代前校長は、大量の玉ねぎを刻んでいる時の思い出を、「目に涙が溢れてきて、それ以上切るのがとても大変でした。」と語っています。フェスティバル当日は、シニア生徒や保護者のボランティアがテントの組み立て/取り外し、中華焼きそばの販売に協力します。このイベントへの参加を通して、他の団体との交流も増え、地域住民やコミュニティーとのより強い絆を築くきっかけも生まれています。

サーモンフェスティバルでの書道体験。©The Steveston Japanese Language School
サーモンフェスティバルでの書道体験。Photo courtesy of The Steveston Japanese Language School

 2004年のサーモンフェスティバルでは、日加文化センター内に本校のブースが初めて設けられました。以来、折り紙・書道などの伝統文化やミニ日本語レッスンなどを提供・紹介し続けています。最近では、子供から大人まで楽しめる「着つけ体験」を行い、フェスティバルでも特に人気のあるイベントとなっています。

 地域への貢献はイベント以外の形でも実施されてきました。2017年には地元のスティーブストン図書館に、子供用の本100冊(新書)を寄贈しました。寄贈の背景には、地域の子供たちに気軽に日本の本に触れてほしい、日本の本を読む(または見る)事で、日本への関心を深めていってほしいという思いがあります。

スティーブストン図書館に寄贈した本の一冊。Photo courtesy of the Steveston Japanese School
スティーブストン図書館に寄贈した本の一冊。Photo courtesy of the Steveston Japanese School

                             
 更に2019年には、Nikkei Memorial Public Art Project への協力金を寄付しました。このプロジェクトでは、スティーブストン公園の一角に、スティーブストンの日系人を偲んだ記念碑が建てられました。記念碑が建つNo. 1 Road & Moncton Street の地は、戦時中に強制移動を命じられたスティーブストンの日系人が、内陸の収容所へと出発していったその場所であり、特別な場所なのです。

 スティーブストン日本語学校は、カナダが掲げる多文化主義のロールモデルである事に誇りを持っています。リッチモンド市、地元コミュニティー、そして多くのボランティアの協力があるからこそ、充実した日本の言語と文化のプログラムを提供する事ができます。これまでイベントの場で、地元住民が日本の文化に触れて楽しんでいる姿を何度も見て、本校がコミュニティーと日本をつなぐ大切な役割を果たしていると確信してきました。今後もこの大切な役割を果たすと共に、本校の活動に協力をしてくれる多くの人々に対し感謝をし続けていきたいと願っています。

  •  入学並びに編入をご希望の方は、本校のウエブサイトwww.sjls.ca をご覧になって下さい。

住所:4111 Moncton Street, Richmond, BC (SCC と同じ住所)
電話:604-274-4374

(スティーブストン日本語学校ニュースレター委員会)