日系社会のみならず、地元とのつながりを大切に~スティーブストン日本語学校 鈴木知子校長に聞く~前編

410
旧スティーブストン日本語学校初代校長夫妻。Photo courtesy of The Steveston Japanese Language School校初代校長夫妻©Steveston Japanese Language School
旧スティーブストン日本語学校初代校長夫妻。Photo courtesy of The Steveston Japanese Language School

 1960年創立のスティーブストン日本語学校。19世紀末から20世紀初めにかけて和歌山からの多くの移民が暮らしていたスティーブストンにある日本語学校で、前身は1911年に生まれた旧スティーブストン日本語学校。

 新型コロナウイルス感染拡大によりオンライン学習への対応を余儀なくされるなど、突然訪れた障害にも、教師やボードメンバーが強い使命感を持って立ち向かい、学校運営を続けてきた。

 スティーブストン日本語学校の鈴木知子校長に話を聞いた。

– 学校について教えてください。どのようなクラスがあるのでしょう。

 継承語になる普通科と、家庭で日本語を使わないお子さんの基礎科があり、どちらもプリスクールからです。生徒全体の35%が普通科(継承語)、43%が基礎科、22%がアダルトの生徒さんです。

 継承語の普通科は、プリスクールから7年生まで。7年生で卒業式を行います。8年生以上はシニアクラスになります。

 家庭で日本語を話さない生徒は基礎科で、平日にプリスクールからレベル6までと、土曜日に10歳以上から12年生までのクラスレベル1から5があります。

 今年9月からは普通科はプリスクールから6年生まで、基礎科はプリスクールからレベル6までは教室で対面授業になります。普通科の7年生以上とシニアクラス、10歳以上が対象の土曜日の基礎科は、引き続きオンラインです。

 (新型コロナ)パンデミック以降、オンラインで授業を行ったことで、バンクーバー市内やさらにはアメリカからも授業に参加する方がいらっしゃいました。また大人の方の場合、仕事が終わってから準備して出てくるよりは、自宅で授業を受けたいという声が大きかったため、引き続きオンラインに決まりました。

 スティーブストンにはフライトアテンダントの方が多く住んでいらっしゃって、そういった方が当校で学習しています。オンラインになったことで、仕事でカナダのほかの地域や、海外にいる間も、そこから授業に参加できるようになりました。

– 教材は何を使っていますか?

 カナダにいる日本人の子どもには馴染みのない言葉も出てきて難しいこともあるのですが、継承語クラスは光村図書の国語の教科書を使っています。

 基礎科では「国語」ではなく「日本語」を勉強するので、1年生は独自の教材、2年生から4年生は「ひろこさんのたのしい日本語」を使っています。

 高学年では「Japanese for Young People」や「日本語簡単」という文法を身に着ける教材もあります。高校生以上になると「元気」で、漢字や深い内容を学習します。アダルトは「Japanese for Busy People」などです。

– 継承語としてスティーブストン日本語学校で学んでいると、どれぐらいのレベルになるのでしょう。

 6年生で教科書「3年生の下」を終了します。

スポーツデイ。Photo courtesy of The Steveston Japanese Language School
スポーツデイ。Photo courtesy of The Steveston Japanese Language School

– 学校行事について教えてください。どのような行事を行っていますか?

 ひな祭り、子どもの日などの行事は、オンラインのときも折り紙やクラフトをあらかじめ配っておいて、一緒にしていました。クラスごとに授業の中でクラフトなどを楽しんでいます。

 お正月パーティのような大きなイベントは、2021年、2022年は集まることはできませんでしたが、オンラインイベントで楽しみました。年度末のお楽しみ会はゲームやスライドショーをオンラインで、卒業式もオンラインで実施します。

– 教員に対して、どのようなトレーニングを行っていますか。

 日本語の文法の教え方や、今の時代にあった教え方など。UBC(ブリティッシュコロンビア大学)の先生を招いてテーマを決めて研修会をしていただいたり、子どもの精神の問題とその対応について精神科医を招いて勉強したこともあります。

 コロナで現在、独自の研修会はできなくなっていますが、JALTA(日本語教育振興会)がオンラインの研修会を行っているので積極的に参加するようにしています。

後編に続く

鈴木知子校長
2009年からスティーブストン日本語学校で教鞭をとる。2014年9月に校長就任。現在は高校生と大人クラスを教えている。

スティーブストン日本語学校
住所
:4111 Moncton Street, Richmond, BC(スティーブストン・コミュニティセンターと同じ住所)
電話:604-274-4374
https://sjls.ca/

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい関連記事