自然療法医師 Dr. Nayumi Saiki, NDに聞く「自然療法・ナチュロパシー」:後編

578

 近年注目され、耳にすることが多くなってきた自然療法・ナチュロバシーについて自然療法医師Dr. Nayumi Saiki, ND(齋木南友己 さいきなゆみ)さんに話を聞いた。

 前編の「自然療法・Naturopathy(ナチュロパシー)とは」に続いて、後編では、自然療法医師を目指したきっかけや日加ヘルス理事としての活動について。

 前編:「自然療法・Naturopathy(ナチュロパシー)とは」はこちら

4年かけて自然療法について学ぶ

-私がイメージを持っていたより、ずっと専門的なようですね。なゆみ先生のウェブサイトには、ブリティッシュ・コロンビア州サイモンフレーザー大学キネシオロジー*学科とトロントにあるCanadian College of Naturopathic Medicine (CCNM)を卒業とありました。どういった経緯で自然療法医師になろうと思ったのでしょうか?

 私は子どものころから肩こりがひどかったり、肘や肩を脱臼したり、足を捻挫したりして、鍼や整体の治療を頻繁に受けていました。お薬を使わない治療法や鍼に魅力を感じていたので、高校生のときには鍼灸師になりたいと思っていたぐらいです。

 高校を卒業するときに、日本帰国も考えていたのですが、SFUのキネシオロジー学科に合格しました。人間のカラダの勉強は興味のある分野だったので、ほかの選択肢もありましたがSFUに行くことにしました。

 ただ卒業後はキネシオロジーとは全く関係のない秘書の仕事などをしていました。今、思うと、この期間にとても貴重な人生勉強ができました。これからどうしようかと自分と向き合い、幼い頃から興味のあった自然療法の道に進むことにしました。

 カナダには自然療法の認定校がニューウエストミンスター(BC州)とトロント(オンタリオ州)の2カ所にあります。学校の歴史、卒業生の数、入学時期などを考慮したうえでトロントのCanadian College of Naturopathic Medicine(CCNM)に決めました。CCNM卒業後はオンタリオ州の免許を取って、しばらくはトロントで診療していました。

*キネシオロジー:Wikipediaによると「キネシオロジーとは、人間またはそれ以外の生物の身体の運動の科学的研究である。 生理学的、生体力学的、心理学的な運動原理および運動機構を扱う」とある。

-免許取得は大変だったのでは?

 そうですね。CCNMでは最初の3年間で基礎医学、臨床医学、自然療法の各種を学びました。そして、4年生は丸1年間、スチューデント・クリニックでインターンとして臨床実習です。在学中は100以上の実技と筆記の試験を受けましたし、なかなか大変でした。(笑)

 卒業後にNPLEX(Naturopathic Physicians Licensing Examinations)という北米統一試験とオンタリオ州の試験に合格して免許が取れました。ND免許取得後も常に勉強しています。

 自然療法に関する法律や規約が州ごとに違うので、オンタリオ州の免許を持っていたとしても、BC州の免許がなければ、BC州でNaturopathic Doctorまたはナチュロパスと名乗ることも、診療することもできません。

 現在、私はBC州とオンタリオ州の資格があるので、両方の州で診療を行うことができます。BC州ではNaturopathic Physicianのタイトルで診療できますが、オンタリオではPhysicianのタイトルは使えません。このように、州によって細かい規則があります。

 そのため、私はBC州でもオンタリオ州でも共通のNaturopathic Doctor のタイトルを使っています。ナチュロパスということもあります。

-自然医療はMSPでカバーされていますか?

 残念ながらカバーされていません。しかし、お勤め先にExtended Health Planがある場合は、「年間いくらまで」、または「一度の診察につき、いくら」というようにカバーされていることが多いです。年間の場合は、1月1日から12月31日までの単位となっているプランが中心のようです。

-なゆみ先生はクリニックで診療されているのでしょうか?

 11月23日(月)からバンクーバー市内のクリニックで診療を開始しました。BC州に滞在中の方であれば、オンラインまたは電話での診察も可能です。

 2020年6月6日にはNPO移民定住支援団体「S.U.C.C.E.S.S」で、日本語オンラインワークショップ「毎日の健康:おうちでセルフケア」をBC州の日本人移民向けに行いました。多くの人が参加してくださったのには少し驚きましたが、みなさん興味があるようでうれしかったです。

日加ヘルスケア新理事として

 今年4月から日加ヘルスケア理事に就任。新しいことにも挑戦したいと意欲をみせている。

-現在、日加ヘルスケア協会は、どのような活動をしていますか?

 BC州に暮らす日本語を話す方向けに健康や医療に関する情報などを提供しています。毎月第4木曜日の「座談会」をはじめ、会員向けのメールマガジンのほか、Facebook での情報提供もしています。また、「歩こう会」の再開に向けて調整中です。

 パンデミックの影響で3月から数カ月間は座談会を休止していましたが、Zoomでの座談会に移行したことにより、コロナ禍でもみなさんと横につながることができるようになりました。8月から11月までは全4回の新型コロナウィルス対策シリーズをしました。

 これまでのように会場に行って出席するというものでないので、BC州在住の方ならメトロバンクーバー以外でも自宅から参加できます。

 日加ヘルスというとどこかシニアの方専用のサービスを提供というイメージですが、そういうことはないので、2021年度に向けて、新規の会員さんが増えればよいなと思っています。

ありがとうございました。

Dr. Nayumi Saiki, ND
Dr. Nayumi Saiki, ND (自然療法医師 ​齋木南友己さん)。2020年9月バーナビーにて。Photo by ©︎ the Vancouver Shinpo

Dr. Nayumi Saiki, ND 齋木南友己(さいきなゆみ)さん

ブリティッシュ・コロンビア州College of Naturopathic Physicians of British Columbiaと、オンタリオ州The College of Naturopaths of Ontarioに登録されているNaturopathic Doctor (自然療法医師)

2020年4月から日加ヘルスケア協会理事

2020年11月23日よりCrossroads Naturopathicに勤務

Crossroads Naturopathic
Suite 350-507 West Broadway, Vancouver, BC, V5Z 1E6
T: 604-568-6899
https://crossroadsnaturopathic.com/

ウェブサイトwww.drnayumi.com

日加ヘルスケア協会: https://www.facebook.com/nikkahealth/

(取材 西川桂子)