「B.C.州かるた」出来上がる

531

グラッドストーン日本語学園創立50周年記念制作

 今年、学園創立50周年記念祝賀会を予定していましたが、新型コロナ感染の影響でいろいろな行事が行えない悔しさをバネに、子どもたちと50周年を記念して「B.C.州かるた」を作り始めました。

 この「BC州かるた」を作るきっかけは、4年前に村上学園長が、 群馬県を旅し友人と会った時に頂いた「上毛かるた」からです。このかるたは、日本の将来を担う子どもたちに郷土群馬県をよく知るために作られていました。それを知ってから、いつか 「B.C.州かるた」を学園生徒で制作できたらどんなに素晴らしいことかと計画を温めていたとのことです。

 それで今年、中学科・高等科が B.C.州の歴史や観光名所を調べ、何度も推敲して七五調の美しさを取り入れやっと読み札が4月末に出来上がりました。しかし、印刷をどこにするか戸惑う中、「上毛かるた」を作った日本の印刷所に打診してみました。すると、幸いなことに快く引き受けて下さいました。絵札も生徒有志が描き始めてやっと 5月末にすべて印刷所にメールで送付出来ました。読み札の裏には解説をインターネットで調べて入れ、箱の表紙には日系センター庭園の滝を入れてデザインをしていただきました。

 最高学年の高等科の卒業式は、新型コロナ感染の影響で以前のように盛大に行えず、教室での卒業式となりました。高等科上級生が主になり作成した「B.C.州かるた」を卒業記念品として贈呈することになりました。

出来上がったカルタ。Photo courtesy of Gladstone Japanese School
出来上がったカルタ。Photo courtesy of Gladstone Japanese School

  この「B.C.州かるた」を授業の中に取り入れ、B.C.州について学ぶ教材になり、郷土を愛するようになってくれることを願っています。

 また、ファンドレイジングとしてどなたにでも販売させて頂きますので、学園(604-515-0980)にご連絡下さい。  

グラッドストーン日本語学園