子どもが楽しく日本語を学べる機会をノースショアで

116

この夏、ノースバンクーバーに子ども向け日本語会話クラブをオープンしました。場所は、ロンズデールキーマーケットから徒歩3分ほどの好立地にあるJohn Braithwaite Community Centreです。

このクラブは、子どもたちが日本語を話したいという「意欲」を育むことを目的としています。そのため、ゲームやクイズ、クラフトなどたくさんの遊びを通して、楽しく日本語で会話できるよう、徹底したカリキュラムを組んでいます。また毎回子どもたちの知的好奇心を高めるトピックを準備し、日本の文化や魅力を伝えるようにも努めています。

7月にスタートしたばかりの新しいクラブですが、子どもたちの笑い声が絶えず、「今度、会話クラブいつあるの?」と、楽しみにしてくれているお子さまたちの声を、保護者の方々を通して、たくさんいただいております。8月からは、小学生(1年生から7年生)クラスに加え、幼児(4歳から6歳)クラスも開始することになりました。

また会話クラブにお越しの際は、土曜日ならではのノースバンクーバーをお楽しみいただけます。ロンズデールキー周辺では、ロンズデールキーマーケットに加え、多様なジャンルのフードテントや新鮮なローカル野菜・フルーツが立ち並ぶファーマーズマーケットもあります。また海岸沿いに面したシップヤードでは、子どもたちに人気のプレイグランド、おしゃれなカフェやレストランもあり、ダウンタウンの綺麗な景観を堪能しながら、ちょっとした息抜きもできると思います。

ノースショアには子どもが日本語を学べる場所がないとの声に応えたいと、こうした機会を作りました。この夏、まだまだ子どもたちの笑顔がはじけるのが楽しみです。

(寄稿:小林昌子 ノースショアにほんごキッズクラブ)

___

インスタ:@northshore_kids_japanese
メールアドレス:Northshorekidsjapanese@gmail.com
フェイスブック: www.facebook.com/northshorekidsjapanese

子どもたちの「日本語を話したい!」という意欲が授業中の笑顔に (Photo: North Shore Kids Japanese Conversation Club)
子どもたちの「日本語を話したい!」という意欲が授業中の笑顔に (Photo: North Shore Kids Japanese Conversation Club)