ラグビーカナダ代表日系カナダ人ヒラヤマ選手、東京五輪で旗手に

284
Captain of Team Canada, Canada Sevens, Nathan Hirayama on March 7, 2020 at BC Place, Vancouver
ラグビーセブンズのカナダ代表キャプテン、ネイサン・ヒラヤマ選手。試合後にCBCのインタビューを受ける。2020年3月7日BCプレース。Photo by ©Saito Koichi

 ラグビーカナダ代表のネイサン・ヒラヤマ選手が東京オリンピックの開会式でチームカナダの旗手を務める。

 カナダオリンピック委員会(COC)とジャスティン・トルドー首相が19日に発表した。

 今大会から旗手は各国男女ペアとなる。ヒラヤマ選手と東京の国立競技場でメープルリーフを持って共に行進するのはバスケットボール女子のミランダ・ジョイ・アイム選手。今回で五輪出場3回目のベテラン選手だ。

 COCの会見にオンライン出演したヒラヤマ選手は「旗手に選ばれるなんて夢にも思っていなかった。とても光栄」と語った。

 ラグビーカナダ男子は今回が五輪初出場。前回の五輪出場を逃したあと5年間チームで五輪を目指して練習を積んできたと語り「自分にとっても、チームにとっても、特別な大会になる」と語っている。

 ラグビーカナダは今年6月25日に五輪代表選手を発表した。ヒラヤマ選手はこれまでのラグビーセブンズ大会でキャプテンを務め、2020年3月にバンクーバーで開催された大会ではチームを3位に導いている。五輪でもキャプテンの一人としてチームをけん引し、メダルを目指す。

 ヒラヤマ選手は日系四世でこれまでもカナダ代表として日本を訪れたことがあるが、五輪代表で行ければとても特別と以前のインタビューで語っていた。

 キャプテンとしてだけでなく、7人制に専念して以降、チームの最高得点選手としてこれまで大車輪の活躍をしている。東京五輪でも活躍が期待される。

 東京五輪開会式は7月23日(金)午前4時(太平洋夏時間)に幕が開く。ラグビー男子カナダの第1試合はイギリスと25日午後5時30分(太平洋夏時間)に対戦、同じプールBの日本とは26日午後5時(太平洋夏時間)に対戦する。

合わせて読みたい関連記事