クリスマス間近、バンクーバーの生木クリスマスツリー事情

319
ガーデンショップに並ぶ生木のツリー Photo by © The Vancouver Shinpo
ガーデンショップに並ぶ生木のツリー Photo by © The Vancouver Shinpo

 パンデミックの今年は、北米各地で生木のクリスマスツリーの売れ行きが良好だという。外出規制があり、出かけることが少ないからなのか、あるいはほかの理由があるのか、現時点では不明のようだが、メトロバンクーバーのあるガーデンショップでは12月5日~6日にかけて200本以上の生木のツリーを販売した。既に今シーズンの販売を終えている農場も多い。

 毎年使うことができる人工のツリー派と香りのよい生木派と好みが分かれるが、生木のツリーについて調べてみた。

生木ってエコ?

 クリスマスが終わってゴミとして出される生木のツリーを見ると、使い捨ての生木はエコには見えない。クリスマスツリーのために木を伐採するという行為も環境にやさしいようには思えない。実のところはどうなのだろう。

 雑誌『BBC Science Focus』によると、生木のツリーのカーボンフットプリントは廃棄方法により異なるものの、高さ2メートルの生木のツリーを粉砕機で処分するか、または焼却処分すると3.5kg 。一方、2メートルの人工ツリーのカーボンフットプリントは40㎏とみられている。

 単純計算するなら、40÷3.5 =11.4…。12年以上にわたって使う場合は、人工ツリーのほうが環境にやさしいという計算となる。

 David Suzuki Foundationは、PVC(ポリ塩化ビニル)でできた人工ツリーよりもエコだとして、生木のツリーを勧めている。鉢植えの場合はなおよいという。さらに生木のツリーだと「屋内で森林浴ができる」、「自然に触れることで、ストレスや血糖値を下げるという健康への利点もある」と説明する。

生木ツリーの購入

 生木のツリーはHome Depots、Lowes、Ronaなどのホームセンター、Ikea、クリスマスツリーロット、クリスマスツリー農場、あるいはメトロバンクーバーならGarden Works、Hunters Garden Centreといったガーデンショップで手に入る。

ツリーを設置してライトを巻いたら、オーナメントを飾る Photo by © The Vancouver Shinpo
ツリーを設置してライトを巻いたら、オーナメントを飾る Photo by © The Vancouver Shinpo

クリスマスツリーロット

 フォスターケア、つまり里子となっている子どもたちや若い母親を支援する福祉団体Aunt Leahが運営するクリスマスツリーロット。教会の駐車場などでクリスマスツリーを販売している。今年はバーナビー、コキットラム、バンクーバーで(ノースバンクーバーは営業なし)。

Aunt Leah’s Christmas Tree Lots
https://www.auntleahs.org/social-enterprises/christmas-tree-lots/
Email aoates@auntleahs.org 
Phone 778-888-2645
(問い合わせが殺到しているので、返事に時間がかかる可能性があるという)

バーナビー(All Saints Anglican Church)
住所 7405 Royal Oak Avenue, Burnaby

コキットラム(Eagle Ridge United Church)
住所 2813 Glen Dr, Coquitlam

バンクーバー(St. Stephen’s United Church)
住所 7025 Granville St, Vancouver 

農場

 今年は新型コロナ対策で、農場を訪れるときにもマスク着用が必要な場合が多い。供給不足気味で、取材中に売切れて今年は終了となった農場もあった。訪れる前に電話で在庫を問い合わせることを勧める。U-Cutの場合はのこぎりを持参。チェーンソーは使用不可で、手ノコのみの場合もある。

 下記は12月10日現在、オープンしている農場。

Z & Z Christmas Trees
既に切ってあるPrecutと自分たちで木を切るU-Cutの両方。U-Cutエリアは12月13日までのオープンだが、月曜から金曜にGilbert and Steveston Hwyに行けば、14日以降もU-Cut利用可。

http://www.zzchristmastrees.ca/
住所 6980 Steveston Hwy, Richmond(Gilbert and Steveston Hwyの角)
Phone 604-788-1129

CHURCHLAND CHRISTMAS TREE FARM
新型コロナウイルス対策で今年はU-Cutのみ。木を切ったり、車に乗せるのにヘルプが必要な場合は、自分たちで手配すること。

http://www.churchlandtreefarm.com/
住所 4726-248 Street, Aldergrove, BC
Phone 604-996-1046

Giesbrecht’s Tree Farm
U-CutとPrecut。ノーブルファー、フレイザーファー、グランドファー、ダグラスファーの4種類。

https://www.giesbrechtstreefarm.com/
住所 5871 – 248th Street, Langley
*一般の利用者向けの電話番号、email アドレスは公表されていない。

クリスマスツリーの種類

 生木のツリーにも幾つかの種類がある。Aunt Leah’s PlaceとGarden Worksのツリーの種類を参考にまとめた。木の名称の後ろの括弧内は、Aunt Leah’s Placeが販売しているツリーのサイズ。

インテリアダグラスファー (2’ – 11’)
別名ロッキーマウンテンダグラスファー。B.C.州産。コーストダグラスファーと異なり、あまり香りはしない。

ダグラスファー(4’ – 9’)
コーストダグラスファーを通常、ダグラスファーと呼ぶ。葉の長さ2~4 cmで深緑。値段が手ごろで最も人気がある。

グランドファー(3’ – 8’)
葉が落ちやすいので、Aunt Leah’s Placeによると、「掃除が好きでない場合は勧めない」とのこと。ダグラスファーほど深い色ではない。柑橘系のような香り。

フレイザーファー(5’ – 9’)
ノーブルファーに次いで葉の「持ち」が良い。香りも良く、ホワイトハウスのクリスマスツリーに使われることが多い。今年も、ホワイトハウスはフレイザーファーだったそうだ。形状が細身なので、狭い場所に置くのに適している。

ノードマンファー (5’ – 8’)
美しい葉で、かつ「持ち」が良い。枝がしっかりしているので、大きめのオーナメントを付けることができる。

ノーブルファー (8′ – 12’)
最も葉の「持ち」が良い。水やりさえすれば、12月頭に購入してクリスマスが終わるまで、購入時と同様に美しい。クラシックな三角形の樹形。通常、青っぽい緑。香りが良い。

気になる手入れ

ガーデンショップで購入すると、切ってもらうこともできる。Photo by © The Vancouver Shinpo
ガーデンショップで購入すると、切ってもらうこともできる。Photo by © The Vancouver Shinpo

 生木のツリーは「生き物」なので、美しいツリーを維持するためにも、水をあげたり手入れをする必要がある。

・ツリースタンドに立てる前にツリーの根本を最低1センチは切る。吸水をよくするため。
・毎日、たっぷり水をあげる。特に設置して最初の1週間は朝晩、水の量をチェック。
・暖炉や換気口などから離れた場所に設置。テレビのそばにも置かないほうがよい。部屋が乾燥しがちなら、加湿器をおく。

生木の場合、ツリースタンドが必要 Photo by © The Vancouver Shinpo
生木の場合、ツリースタンドが必要 Photo by © The Vancouver Shinpo

処分はどうすればいいの?

・自治体で期間限定で回収がある。
・枝や葉を2.5~5センチの大きさに切ってマルチにすることもできる。
・コンポストにする場合は、分解が遅いため葉は入れないほうが良い。
・チャリティイベントの利用。地域の消防署やライオンズクラブなどで、チャリティイベントがある。処分に持ち込む際に寄付をすると、主催団体がフードバンクなどに届けてくれる。

イベント例
Tsawwassen Boundary Bay Lions Club
http://www.tbblions.com/annual-christmas-tree-chipping
Christmas Tree Chippingという名称で処分。
1月9日、10日 
9:00 am ‐ 4:00 pm
The South Delta Recreation Centre
(1720 56 St, Delta)

UBC Botanical Garden
https://botanicalgarden.ubc.ca/news-events/events-activities/christmas-tree-recycling/
12月26日~1月10日まで。
10:00 am – 2:00 pm
6804 SW Marine Drive, Vancouver

スカウト(Scout Christmas Tree Chip-Up)
http://www.scoutschristmastrees.com/chip-up/
1月2日、3日
ウエストバンクーバー
10:00 am – 5:00 pm
Taylor WayとClyde Avenue

または
10:00 am – 4:00 pm
Marine Driveと18th Street (Hollyburn Plaza)

ノースバンクーバー
10:00 am – 4:00 pm
Grand Boulevard と13th Street (Ray Perrault Park)

参考 
https://www.sciencefocus.com/planet-earth/is-it-more-environmentally-friendly-to-buy-a-fake-christmas-tree-or-a-real-one/
https://davidsuzuki.org/queen-of-green/eco-friendly-christmas-tree-ideas/

(取材 西川桂子)