海の人気者に会いに、再開したバンクーバー水族館へ行こう

114
給餌の時間に訪れると、スタッフから動物の説明も聞くことができる。©the Vancouver Shinpo
給餌の時間に訪れると、スタッフから動物の説明も聞くことができる。©the Vancouver Shinpo

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバー市の人気観光地スタンレーパーク内にあるバンクーバー水族館。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年3月から一時閉鎖。永久閉鎖も危ぶまれたものの、アメリカのテーマパーク運営会社ハーシェンド・ファミリー・エンターテーメントが買収し、8月16日に待望の再開となった。

 2021年9月現在、新型コロナ対策で入場人数を制限しているため、以前よりゆったりと楽しむことができるバンクーバー水族館を紹介する。

 バンクーバー水族館は1956年開園とカナダで最も古い公共の水族館。約6万5000の海洋生物などが暮らしているほか、海洋研究、海洋保全、海洋生物の保全・保護活動にも関わっていて、海洋生物保護センターともつながりが深い。

身近なBC州からアマゾンの生態系、さらにラッコや海洋生物保護活動と多彩な展示

「ウミガメのほうが私より重い!」子どもに人気の体重計測コーナーでは、海洋生物と体重を比較することができる。©the Vancouver Shinpo
「ウミガメのほうが私より重い!」子どもに人気の体重計測コーナーでは、海洋生物と体重を比較することができる。©the Vancouver Shinpo

海洋生物保護(”Marine Mammal Rescue”)

 新型コロナ感染拡大で水族館が閉鎖している間に新たにできたエリアで保護されたアザラシやアシカなどをみることができる。バンクーバー水族館の関連機関の海洋生物保護センターは、ケガをしたり、親を失った海洋生物を保護して治療などを行っている。

 海洋生物保護センターの活動を紹介するエリア。

グラハム・アマゾン・ギャラリー(”Graham Amazon Gallery”)

 アマゾンの熱帯雨林に暮らす魚や動植物を展示。巨大なアナコンダやアマゾンのギャングピラニア、さらにはナマケモノにも出会うことができる。

ザ・トロピクス(“The Tropics”

 カラフルな熱帯魚などを展示。

ディズニー映画で人気が出たカクレクマノミにも会える。©the Vancouver Shinpo
ディズニー映画で人気が出たカクレクマノミにも会える。©the Vancouver Shinpo

トレジャーズ・オブ・ザ・BCコースト(”Treasures of The B.C. Coast”)

 ウエストバンクーバーの海にはどんな海洋生物が生活しているのだろう? BC州沿岸のエリア別の水槽があり、その多様な生態系について知ることができる。

ジェリーズ(”Jellies”)

 Jellies、すなわちJellyfish(クラゲ)。ゆらゆらと漂う神秘的なクラゲ。眺めているだけで癒される。

ステラーズ・ベイ(”Steller’s Bay”)

 アシカ科の中で最も大きいトドだが、巨体をくねらせて動く姿は愛嬌がある。大きな鳴き声にビックリ!

ラッコ(“Sea Otter Exhibit”

 バンクーバー水族館で特に人気のラッコはこちら! ジョーイ、クアッツェ、マック、カトマイ、キューニック、タズリーナ、ハーディ、リアルトの8頭が暮らしている。

パシフィック・カナダ・パビリオン(”Pacific Canada Pavilion”)

 入口を入ってすぐのところにあり、チョウザメや深海魚など、ジョージア海峡の多様な海洋生物を展示。

ペンギン・ポイント(”Penguin Point”)

ペンギンもいる!©the Vancouver Shinpo
ペンギンもいる!©the Vancouver Shinpo

 アフリカペンギンを見ることができる。日本の水族館のように園内散歩に出かけることはないが、よちよち歩く姿がかわいい。

クロウフィッシュ・コーブ(Clownfish Cove

 小さい子どもと一緒に訪れるときには、忘れずに覗いてみよう。8歳以下の子どもと一緒のときのみ入場可。ヒトデなど海洋生物を触ることもできる。

4-Dエクスペリエンス(”4-D Experience”)

 視覚、音、匂い、光、風、フォグや水しぶきといった要素を楽しむことができる体感型の4-Dシアター。現在はイギリスBBCが制作したブループラネットII、タコ(オクトパス)を上映中。タコの生態を描いた作品で、上映時間は約12分。

 4-Dシアターは数カ月ごとに上映作品が変更される。

レストラン・カフェ

 バンクーバー水族館併設のレストラン・カフェでは、環境にやさしくサステナブルなシーフードを使った料理を楽しむことができる。ビーガンやベジタリアンメニューも豊富。

Courtyard Café & Coffee Bar
営業時間 11:00 am ~ 4:30 pm

Upstream Bar + Grill
営業時間 12:00 pm ~ 4:30 pm

Marine Market
水族館併設の施設だがアクセスはスタンレーパークから。
営業時間 11:00 am ~ 5:00 pm

バンクーバー水族館のギフトショップではBC州で作られたグッズなども販売している。©the Vancoouver Shipo
バンクーバー水族館のギフトショップではBC州で作られたグッズなども販売している。©the Vancoouver Shipo

ギフトショップ

 水族館グッズだけでなく、カナダやBC州のアーティストの作品、環境に配慮した商品を販売。日本へのお土産にもよさそうなグッズが手に入る。水族館に入場せずに、ギフトショップで買い物することもできる。

会員になって水族館をサポート!

 会員になると年会費を支払うことで、1年間にバンクーバー水族館を何度でも訪れることができるほか、レストラン・カフェやギフトショップの割引(一部例外を除く)を受ける、あるいは会員のみを対象としたイベントに参加することもできる。

 例えば大人の入場料は$42.00だが、年会費は$73.50なので、1年に2回以上訪れるなら会員がお得。

基本データ
入場料
大人(13 – 64歳)$42.00
子ども (3 – 12歳)$26.25
学生(19以上。IDがある場合)$36.75
シニア (65歳以上)$36.75
・3歳未満無料
・税込み料金

訪れる際には日時を予約
感染対策として入場人数を制限しているので、水族館を訪れるにはあらかじめオンラインで日時を予約する必要がある。
予約は15分毎となっているが、予約した時間の1時間以内であれば入場可能。

営業時間
毎日
9:30 am 〜 5:30 pm

住所: 845 Avison Way, Vancouver
Tel: 1-778-655-9554
ウェブサイト https://vanaqua.org/

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい関連記事