日本大使館とカナダ映画協会が、オンラインで日本映画祭を開催

259

 在カナダ日本国大使館とカナダ映画協会(Canadian Film Institute)が12月9日から11日まで第39 回日本映画祭を開催する。国際交流基金との共催。

 2020年に続き、今年も新型コロナウイルス感染拡大のために、オンラインで実施される。カナダ全国で視聴でき、無料となっている。

 上映作品は『ミックス。』と『今日も嫌がらせ弁当』の2本。12月9日から11日の72時間の開催で、既に無料のチケットを入手できる。一度視聴を始めると24時間で終了する。

ミックス。
Mixed Doubles

上映時間 119分
監督 石川淳一

 幼いころには天才卓球少女として期待されていた富田多満子(新垣結衣)は、新入社員の美人卓球選手・愛莉(永野芽郁)に付き合っていた卓球部のイケメンエース・江島(瀬戸康史)を奪われる。挫折して帰郷すると亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥っていた。

 多満子はクラブを再建し元恋人ペアを倒すため、元プロボクサーの萩原久(瑛太)とペアを組み、全日本卓球選手権の混合ダブルス部門に出場する。

キャスト
新垣結衣、瑛太、永野芽郁、瀬戸康史、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之

チケット

今日も嫌がらせ弁当
Bento Harrassment

上映時間 106分
監督 塚本連平

 シングルマザーのかおり(篠原涼子)は、自然と人情が豊かな八丈島で、次女の双葉(芳根京子)と暮らしている。双葉は高校に入学すると、反抗期に入り話しかけても返事もしない。かおりは娘の嫌がる「キャラ弁」で逆襲。やがてお弁当は、母から会話のない娘へのメッセージに変わっていく。娘も「ウザい」と言いながらも残さず食べ続ける。

キャスト
篠原涼子、芳根京子、佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太

チケット

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい関連記事