原節子生誕100周年、3作品上映

191
「晩春」の原節子さん。Photo courtesy of Shochiku
「晩春」の原節子さん。Photo courtesy of Shochiku

 小津安二郎作品などで、日本だけでなく世界の人々を魅了した女優、原節子。2000年にキネマ旬報社が発表した「20世紀の映画スター・女優編」で「著名人が選出した日本女優」の第1位に輝くなど根強い人気を誇る。

 その原節子の生誕100周年を記念して、3作品がバンクーバーのThe Cinematheque(ザ・シネマティーク)で上映される。12月23日から1月3日まで。日系文化センター・博物館協賛。

 原節子は1920年生まれ。映画上映は当初、2020年を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大により1年延期になった。

 海外でも人気の小津安二郎監督の3作品、『晩春(Late Spring)』、『麦秋(Early Summer)』、『東京物語(Tokyo Story)』が上映される。

 チケットは18歳以上14ドル、65歳以上12ドル、学生10ドル。ワクチンカードと写真付きIDの提示要。

上映作品

『晩春(Late Spring)』
早くに妻を亡くしてやもめとなった父を気遣って結婚をためらう娘と、大学教授の父の絆を描いた。広津和郎の小説「父と娘」が原作。108分

12月23日 (木) 6:30 pm
12月28日 (火) 8:45 pm
1月3日 (月) 6:30 pm

『麦秋(Early Summer)』
婚期を逃しつつあった主人公が、周囲の反対を押し切って結婚しようとする。気遣う両親と兄夫婦らとの家族関係と結婚問題について。
125分

12月23日 (木) 8:45 pm
12月28日 (火) 6:15 pm
12月30日 (木) 4:30 pm

『東京物語(Tokyo Story)』
尾道から東京に住む子どもたちを訪れる老夫婦だが、子どもたちは忙しく、自分たちの生活で手一杯だった。代わって、夫婦をもてなすのは戦死した次男の妻だった。
137分

12月26日 (日) 3:30 pm
12月30日 (木) 7:00 pm

会場
The Cinematheque
1131 Howe Street
Vancouver

Tel: 604-688-8202

https://thecinematheque.ca/series/hara-setsuko-centenary

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい関連記事