ウクライナのパン、ペーストリー、料理を食べて、ウクライナ支援もできる、コザックイータリー

612
ひとつひとつ丹精を込めて作ったペストリー。©The Vancouver Shinpo
ひとつひとつ丹精を込めて作ったペストリー。©The Vancouver Shinpo

ニューウエスト店のマネージャーは日本人

 ロシアによる侵攻が続くウクライナからの移民もカナダには多数暮らしていて、バンクーバーにもウクライナのレストランやベーカリーが数軒ある。

 そのうちの一つがベーカリーカフェのコザックイータリー(Kozak Eatery)。2012年にキーフから移民したイリーナさんとセルゲイさんが始めた。1店目はニューウエストミンスター市にあり、その後、バンクーバー市内のビクトリアドライブとガスタウンにも店舗をオープンした。

 ケシの実をたっぷり使った甘いペーストリーのポピーシードロール、ダークチョコレートバブカ、レイヤーになったハニーケーキのメドヴニーク。ウクライナにはユダヤ人も多いことからイスラエルの焼き菓子、ロガリキ(ルゲラー)や、さらにアップルシュトゥルーデルやシナモンロール、クロワッサンもある。

 カリッとした外側だが中はしっとりとしたダークチョコレートバブカは、バター、卵黄、砂糖を練り込んだ生地に、たっぷりチョコレートが入っている。これを求めて来店するファンも多いという。

 ペーストリー以外も、オーガニックのホワイト・サワードウ(小麦)、ライ麦サワードウ、さまざまな種がたっぷり入ったヘルシーなライ麦パン、シーディド・ライ、 発芽そば粉のパンなど、各種販売している。

オーガニックのパン類も各種販売。©The Vancouver Shinpo
オーガニックのパン類も各種販売。©The Vancouver Shinpo

 食事はロールキャベツやペロギー、ボルシチ、ピロシキをはじめ、ウクライナの家庭料理が楽しめる。テイクアウトも利用できる。

ボルシチなどウクライナの家庭料理も楽しめる。©The Vancouver Shinpo
ボルシチなどウクライナの家庭料理も楽しめる。©The Vancouver Shinpo

 コザックイータリーでは天然素材にこだわり、保存料、生地改良剤、MSGなどは一切使用していない。

 ニューウエスト店でマネージャーとして活躍しているのは、日本人のミズキさん。人気メニューはペロギー、ダークチョコレートバブカ、ナリスニキ(クレープ)という。新報の取材に「日本人の口にも合うボルシチをはじめ、ひとつひとつ丹精を込めて、一から作ったウクライナ料理やペーストリーをお届けしています。バンクーバーでも珍しいお料理をどうぞお試しください!」と語った。

 現在、ウクライナ支援のために寄付金の受け付けに加えて、マスクやステッカーといったグッズも販売している。コザックイータリーでは集まった資金で食品や医療品を購入して、キーフの小児病院OHMATDETに送っている。

 ジャスティン・トルドー首相も3月29日にビクトリアドライブの店舗を訪れ、カナダのウクライナ支持を改めて表明した。

ウクライナ移民が始めたベーカリーカフェ、コザックイータリー。©The Vancouver Shinpo
ウクライナ移民が始めたベーカリーカフェ、コザックイータリー。©The Vancouver Shinpo

EAST VAN EATERY & MILL
5077 Victoria Drive, Vancouver
Tel:778-955-9135

GASTOWN RESTAURANT
1 West Cordova Street, Vancouver
Tel:778 955 9135

NEW WEST BAKERY & CAFE
444 Sixth St., New Westminster
Tel:778-955-9135

チョコレートが層になったダークチョコレートバブカが人気。

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい関連記事