日本カナダ商工会議所チーム、New Westminster Hyack Festival 国際パレード参加日記:花神輿と太鼓と共に、日本とカナダを繋ぐ!

298
日本語学校のお神輿修繕協力して下さった小川隼人さん、小暮太郎さんと、Sammy高橋さん(日本カナダ商工会議所会長)、清野 健二さん(晩香坡櫻會代表)(晩香坡櫻會写真著作権)
日本語学校のお神輿修繕協力して下さった小川隼人さん、小暮太郎さんと、Sammy高橋さん(日本カナダ商工会議所会長)、清野 健二さん(晩香坡櫻會代表)(晩香坡櫻會写真著作権)

Hyack祭りの国際パレードを迎え、New Westminster の街に久々に威勢良い掛け声が響き渡りました!去る5月28日(土曜日)午前11時にて薄雲に光が差すパレード日和の中、エネルギッシュな日本チームが”おもてなしの心”を持ちながら和気藹々と行進し沿道客を楽しませました。

ビジネス、教育、文化、観光を通じて、カナダと日本を繋ぐスーパーコネクターである、日本カナダ商工会議所(JC-COC)がパレードチームJAPANの先頭を切りました。このパレードに参加するきっかけとなったのは、JC-COC理事のカレン・ベーカー・マグロティーさんがHyack祭り委員会前会長であったこと、また来年はニュー・ウエストミンスターと大阪の守口市の姉妹都市提携60周年を迎える準備という意味合いもありました。

晩香坡櫻會(清野健二代表)とTetsu太鼓(ダグ・マスハラ/Doug Masuhara 創始者)のジュニアチーム、 GO太鼓(貴重な青年団)のメンバーを率いて、パレードに総勢百人が参加。人気テレビドラマなどに出演した経験のある、JC-COC理事の田尻純一さんは、袴姿で武士道を観客に披露。また、SELC語学学校からは、日系コミュニティからだけでなく、中東や南米の国々出身の生徒も参加。多文化・多世代で構成されるチームで、多様でインクルーシブなチームスピリッツを祝いました。JC-COC旗持ちに誘導され、日本カナダ商工会議所会長サミー高橋が日産Figaroオープンカーを運転し、日本が誇る自動車産業魂も沿道客に伝えました。理事の加藤真理がメガホンを握り、行進チームを激励し、O Canadaの歌声を大空に響かせました。

晩香坡櫻會にとっては約3年ぶりとなる神輿担ぎです。このパレードで初披露となったお神輿は、30年以上前に和歌山市から贈られた後、誰からも担がれる事なくバンクーバー日本語学校で保管されていましたが、地域イベントや日本文化の発信に役立てようと地元有志の方と共に2019年秋から修繕作業が進められていました。

そしてこのパレードの為に晩香坡櫻會の清野代表を初め、小川隼人さん(Ogawa Landscape Design 代表)や小暮太郎さん(​​Ko-Bo Enterprise Inc.代表)が連日御神輿の念入りな準備にあたってくれました。当日桜の花で飾られたお神輿は、“神社に咲く桜”や“日本のお花見”をイメージした“花神輿”として、浴衣や桜色の半纏を着た参加者と共にパレードを大変美しく彩っていました。

よい よいとー!と掛け声をかけながら神輿がニューウエストミンスターの街を行進。沿道の観客も日本の祭事を食い入るように見つめていた(晩香坡櫻會写真著作権)
よい よいとー!と掛け声をかけながら神輿がニューウエストミンスターの街を行進。沿道の観客も日本の祭事を食い入るように見つめていた(晩香坡櫻會写真著作権)

『よい、よいとー!』という元気な掛け声と笑顔で沿道の観客を盛り上げた神輿は国際色豊かなパレードで唯一の日本代表のチームのシンボルともなりました。

『晴れ舞台でご披露する事になり再び日の目を見る事となったお神輿は、多くの人々に笑顔をもたらし喜んでいる事でしょう』と、清野代表は最高の笑顔で語ってくれました。

Testu太鼓Soceityは、スティーブストン寺太鼓として設立され、BC州リッチモンドで初めて組織された太鼓グループであり、その傘下のGo太鼓はバンクーバー地区で2番目に設立された青少年和太鼓グループです。この会は、日本の伝統文化に通じる「心」の基本を後世に伝えたいという思いから始まりました。先人や先輩に感謝しながら、その気持ちを次の世代に伝えていく願いを込めて活動をしています。Tetsu太鼓会の創始者の一人であるダグさんはこう言います『トラックから沿道にいる観客達が、両手を大きく振って、拍手をしてくれて、太鼓のビートの音で体を揺すり踊りだしている姿が見えて本当に嬉しかったんです』。『旧州都だったニュー・ウエストミンスターにお神輿が上下に揺れて担がれ、太鼓が鳴り響くなんてきっと驚いたに違いないですね。だけど皆がにこやかに応援をして手を叩き歓迎してくれたのが本当に印象的でした』と、続けました。

成人ドラマーのマンウェイさんは『パレードはカナダの受容性、マルチカルチュラリズムが反映されていて、パレード参加者と観客の皆が一つになって祝っていました。慣れないトラックの上で足を踏ん張らせバランスをとらなければいけないのは大変でしたが、楽しかったです。吸い込まれるように太鼓のリズムの世界に入り込み、力いっぱい全身で打つ。パレードチームが最終地点のQueen’s parkに入ったとき、リーダーのDougが両手の親指を立て、”よくやった”のサインをだしてくれました。チームは大きな歓声で応え、肩を寄せ合った。言葉では表せない、達成感と喜びに満ち溢れた瞬間でした」と、語りました。

高齢化・少子化・日系移民の形態変化で昨今はコミュニティ離れが懸念されている中、今回のパレード参加活動は日系コミュニティ内の繋がり、またカナダ社会や日本との繋がりを強めたものになりました。JC-COC副会長ケーシー若林は、“誰もが楽しくエンゲージできる文化交流活動を多々の地域団体と横繋がりになり繰り広げていきたいと願います“と、これからの日本カナダ交流活動についての意気込みを見せました。

Vancouver Mikoshi Sakurakai Society: www.vancouversakurakai.com

Tetsu Taiko Society: https://www.vancouvertaiko.ca/vancouver-taiko-groups/tetsu-taiko/

Japan-Canada Chamber of Commerce: https://jc-coc.org

左からDavid MacGrottyさん(Hayack Festival実行委員), 田尻淳一さん(日本商工会議所理事)、Karen Baker MacGrtottyさん(Hyack Festival実行委員・日本カナダ商工会議所理事)(2022 Manto Artworks)
左からDavid MacGrottyさん(Hayack Festival実行委員), 田尻淳一さん(日本商工会議所理事)、Karen Baker MacGrtottyさん(Hyack Festival実行委員・日本カナダ商工会議所理事)(©︎2022 Manto Artworks)
パレードに参加した日本カナダ商工会議所会員、晩香坡櫻會会員、ボランティア人たち(2022 Manto Artworks)
パレードに参加した日本カナダ商工会議所会員、晩香坡櫻會会員、ボランティア人たち(©︎2022 Manto Artworks)
日本カナダ商工会議所横断幕を持ちジャパンチームが行進をしました(2022 Manto Artworks)
日本カナダ商工会議所横断幕を持ちジャパンチームが行進をしました(©︎2022 Manto Artworks)
Go Taiko (Tetsu Taiko Youth Group)が鳴らす太鼓の音は多くの観客の心を揺すり、体がビートに合わせて動き出していた。(2022 Manto Artworks)
Go Taiko (Tetsu Taiko Youth Group)が鳴らす太鼓の音は多くの観客の心を揺すり、体がビートに合わせて動き出していた。(©︎2022 Manto Artworks)

(寄稿 日本カナダ商工会議所)

合わせて読みたい関連記事