バンクーバー・フィルムフェスティバル2022、チケットパックとパスの販売開始

181

 今年もVIFF(バンクーバー・フィルムフェスティバル)シーズンがやってきた。第41回の今年は9月29日(木)から10月9日(日)まで開催される。

 注目の映画ラインナップが発表されるのは9月7日。シングルチケットの販売開始はその日からだが、一足先に8月22日からVIFFパスとチケットパックの販売が始まっている。

 チケットパックは6枚組が84ドル、10枚組は135ドル、いずれもレギュラー価格で、シニアや学生は割引料金あり。

 フェスティバルパスはプラチナ料金が1,000ドル、レギュラーが350ドル、シニア、学生料金あり。

 オンラインで視聴できるVIFFコネクト・フェスティバルパスは9月7日から販売開始となっている。

 昨年は「ドライブ・マイ・カー」(バンクーバー新報メディアパートナー)や「スパイの妻」など話題の邦画が上映されたバンクーバー・フィルムフェスティバル。新型コロナウイルス感染拡大の影響も少なくなった今年はどんな映画祭となるのか注目される。

VIFF(バンクーバー・フィルムフェスティバル)2022

期間:9月29日〜10月9日
会場:各映画館、オンライン視聴あり
HP:https://viff.org/festival/viff-2022/

合わせて読みたい関連記事