自然療法医師 Dr. Nayumi Saiki, NDに聞く「1年を健康に過ごすためのヒント」

795

 自然療法・ナチュロパシーの医師、Dr. Nayumi Saiki, ND(齋木南友己・さいきなゆみさん、以下、Dr. なゆみ)に、新しい1年を健康に過ごすためのヒントや、ナチュロパシー療法についての話を聞いた。

気を付けたい、食事、運動、睡眠、ストレスマネジメント

– 健康に過ごすためのヒントを教えてください。

 食事、運動、睡眠、ストレスマネジメントを常に心がけていくことが大切かと思います。食事に関しては、ホールフーズといってあまり加工されていないもの、もともとの状態で売っているものをなるべく多く摂取するようにしましょう。

 野菜はできればファーマーズマーケットなどで手に入る季節のものを、肉も新鮮なものを選ぶようにする。魚もできるだけファーム(養殖)でなくワイルドのものを選びたいです。食物繊維を多くとることでお通じも良くなりますし、腸内環境を整える助けにもなります。

 水分を心がけてとることも大切です。ついソフトドリンクなどでとりがちですが、水や白湯を飲むようにしたいですね。ハーブティーもいいと思います。人工甘味料が入った飲みものはできるだけ控えましょう。

 砂糖もできたら控えたほうがいいですが、使う場合は精製されたグラニュー糖よりはブラウンシュガー、または、はちみつやメープルシロップで代用するのもいいですね。

 体を動かすことも大切ですし、汗をかくことによって毒素が出てデトックス効果もあります。ウォーキングもいいですね。最初はゆっくり歩いて、慣れてきたら早歩きにするなどして、1日30分くらいを目安にされるといいと思います。外の空気に触れるのもいいことですから、雨でもレインコートや長靴を履くなどして、なるべく外に出るようにしたいです。

 ヨガなどの運動もいいですね。続けることが大切なので、好きなことをすることが一番だと思います。疾患などがある方は医師に相談して、その運動が自分に可能かを確認してから行ってください。

睡眠改善のヒント

 就寝中に体が修復されていきますので、良い睡眠をとることも大切です。寝たいのに眠れないという方は、午後はカフェインの摂取を控えたり、日中に適度な運動をすること、ストレス解消も心がけましょう。

 就寝の3時間前までに夕食は済ませて、寝る前にお風呂に入るのもいいです。エプソムソルト(Epsom salt)をカップ1~2杯ほどお風呂に入れて、15~20分入浴すると筋肉がリラックスします。筋肉痛にも有効です。ストレスがたまっているときは、ラベンダーのエッセンシャルオイルを数滴入れて入浴するのも効果的です。

 また、寝る1時間前からスマートフォンやテレビなどのスクリーンを見ないようにする、寝室にはこうした機器を持ち込まないように。部屋の中は暗くして、扇風機や加湿器の音などのホワイトノイズを使うのも入眠効果があるとされています。

 ストレス解消のために暴飲暴食しそうであれば、そのほかのアクティビティや運動などに代替するようにしたいですね。呼吸を意識すること、自然に触れること、あとは相談できる方がいることも大切です。自分の好きなこと、楽しいと思うことをして、ストレスを上手に発散させるようにしましょう。

初診に1時間ほどかけるナチュロパシー

一般的な医師の診察室と同じようなナチュロパシーの診察室。Photo courtesy of Dr. Nayumi Saiki

– ナチュロパシーの医療は、一般的な医師(MD)の治療とどのように違いますか。

 ナチュロパシーの場合、初診に1時間ほどかけます。再診も平均して30分ほどで、MD の診察と比べて、一人の患者さんに接する時間がはるかに長いです。診察では、患者さんが抱えている症状や現状を伝えてもらい、今後の目標、どのような状態を目指しているかなどを話し合います。

 服用されている薬やサプリメント、生活習慣、過去の病歴、ご家族の病歴なども聞いて、対面であれば簡単な身体検査をします。必要に応じて検査をオーダーし、その検査結果などを基に、根本的な原因を探求し、治療をしていきます。

 治療プランについては、患者さんの症状と病気だけにフォーカスするのではなく、患者さんの体、心、感情なども考慮した上で、一人ひとりに合ったホリスティック(全体的)な方法で対応していきます」

– 患者さんは西洋医学では足りないと思うような方、違和感を覚えている方が多いのでしょうか。

 「西洋医学の治療の効果が出ていないという方もいらっしゃいますが、並行して受けるという方もいらっしゃいます。処方薬や市販の薬を常用しているが薬に頼らない方法はないだろうか、自分に合ったサプリメントを選ぶにはどうしたらよいか、自分に合った食べ物はなんだろうと探るうちに、ナチュロパシーの医師にかかるようになる方も多いです。

 Extended Medical Benefitsをお持ちの場合、保険プランにもよりますが、ナチュロパシーもカバーされるので、それを利用していらっしゃるという方もいます。

落ち着いた雰囲気のクリニックの受付。Photo courtesy of Dr. Nayumi Saiki

– 今後、どのような診療をしていきたいとお考えですか。

 より健康的な生活を送るために、食事や生活習慣の改善、鍼治療なども含めて自然な療法を提案し、予防医学としてのナチュロパシーを普及していけたらと思います。特に、子どもたちが自分でヘルシーな選択をしていけるよう教えていきたいです。

Crossroads Naturopathicのクリニック。Photo courtesy of Dr. Nayumi Saiki

Dr. Nayumi Saiki, ND
齋木南友己(さいきなゆみ)さん

ブリティッシュ・コロンビア州とオンタリオ州の資格を持つ、日英バイリンガルのNaturopathic Doctor (自然療法医師)。現在バンクーバーにてBC州とオンタリオ州在住の人の診察をしている。バーチャルや電話での診察も行う。

Crossroads Naturopathic
Dr. なゆみが診察をしているクリニック。
住所:#350-507 West Broadway, Vancouver, BC, V5Z 1E6
電話:604-568-6899
ウェブサイト:https://crossroadsnaturopathic.com

Dr. なゆみのウェブサイト:https://www.drnayumi.com
インスタグラム:@dr.nayumi.nd

(取材 大島多紀子)

合わせて読みたい関連記事