ジューシーで美味しい、大粒のブルーベリー。 © the Vancouver Shinpo
ジューシーで美味しい、大粒のブルーベリー。 © the Vancouver Shinpo

 バンクーバーでのベリーピッキング、ベリー狩りといえば、6月のイチゴ、続いてラズベリー、ブルーベリー、そしてブラックベリーだ。7月末から8月初めにかけてはブルーベリーが旬を迎えている。

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州のブルーベリーは大粒なので、あっという間に容器いっぱい摘むことができる。例年だとラングレーやデルタにある、デザートなども楽しめる大きな農場にベリーピッキングに行くのだが、今年はFacebookで見つけたFarmを利用してみたので、その体験をレポートしたい。

まずは行きたい農場を検索、検索ワードが鍵

 今回利用したのは、FacebookのMarketplace(マーケットプレース)で見つけたファームだ。Marketplaceでblueberry(ブルーベリー)を検索語として探すと、旬の今、多数ヒットする。ただし、blueberryで検索するとベリーピッキングではなく、既に機械や人が摘んだブルーベリーも含まれるので、u-pickで検索するほうが効率がいいかもしれない。

まずはblueberry(ブルーベリー)で検索。Photo © the Vancouver Shinpo
続いてu-pickで検索。Photo © the Vancouver Shinpo

 あとはオーガニックやno spray(殺虫剤などの散布なし)、農場の場所、値段から、訪れるファームを選ぶ。今年は新型コロナウイルス感染の懸念からフィジカルディスタンス確保を明記している農場が多い。記者はスペシャル料金でパウントあたり50セントと格安でブルーベリーピッキングできる場所を発見。

 ファームにフィジカルディスタンスに関する記載がない場合は、メッセージを送って確認することもできる。そのほか、出かける前に確認したいのが、自分の容器を持っていく必要があるか、現金のみ、もしくはクレジットカードなどの取り扱いがあるかについてだ。

 記者が訪れた農場は現金のみ、自分の容器持参だった。また、フィジカルディスタンス確保のため、あらかじめ訪れる日時をテキストメッセージで送るようにとの注意があった。1グループに1カ所を割り当て、人数制限をしているとのことだ。

到着したら早速ベリーピッキングを楽しもう! 新型コロナ対策、日焼け対策は忘れずに!!

 到着するとまずは手を洗うようにとの指示を受けた。サニタイザー(手洗い用消毒液)は置いていなかった。気になる人は持参したほうがいいだろう。手を洗ったら、割り当てられた場所へと案内される。マスクや手袋の着用は求められなかった。後は思う存分楽しみながら、好きなだけ摘むだけだ!!

 そして終わったら、重さを測り、料金を支払う。このあたりはいつもの農場と変わらない。違いは、ベリーピッキングで人気の大型農場のようにアイスクリームやフルーツパイを食べたりする場所がないことくらい。ただ付随のサービスがない分、値段については大きな農場よりもかなり安かった。

 ベリーピッキングは炎天下で行うことになるので、帽子や日焼け止めを忘れないようにしたい。気温が上がる前、午前中に訪れるのを勧める農場もある。また靴は、ビーチサンダルなどではなく歩きやすいものがいいようだ。

Blueberry field, Vancouver, BC
カラーコーンがあるので割り当てられた列に行く。Photo © the Vancouver Shinpo

記者が訪れた農場
16387 – 50 Avenue, Surrey
今週末のスケジュール
7/31 (金)9:00 am ~6:00 pm
8/1(土)9:00 am ~6:00 pm
8/2(日)9:00 am ~1:00 pm
https://bit.ly/3hIM4GM

ローカルに人気のベリーピッキングのできる農場
アイスクリームをはじめデザートを楽しめるほか、野菜や果物といった農産物やジャムなどの販売もある。
・Krause Berry Farm
6179  248th Street, Langley  
TEL: 604-856-5757
ベリーピッキングの際、必ずマスク着用のこと。マスク販売もあり。例年とは異なり、持参の容器を使うことはできず、購入する必要あり。
敷地が広大で、ブルーベリー畑までは駐車場からバスが出ている。利用者の安全確保には厳しい対策を実施している。ハンドサニタイザーの持参も勧めている。
www.krauseberryfarms.com

・Driediger Farm
23823 72 Ave, Langley   
TEL: 604-888-1665
マスク着用は強制ではない。例年とは異なり、持参の容器を使うことはできず、購入する必要あり。
www.driedigerfarms.com

・Emma Lea Farms
2727 Westham Island Rd, Delta  
TEL: 604-946-8216
マスク着用を勧めているが、強制ではない。例年とは異なり、持参の容器を使うことはできず、購入する必要あり。
www.emmaleafarms.com

(取材 西川桂子)