リアルとバーチャルで楽しむ、今年のバンクーバー桜まつり

523
バンクーバー市役所の桜 Photo courtesy of ©︎ Stephen Roberson/ Vancouver Cherry Blossom Festival
バンクーバー市役所の桜 Photo courtesy of ©︎ Stephen Roberson/ Vancouver Cherry Blossom Festival

フェスティバルのウェブサイトは情報満載!

 そろそろバンクーバーでも桜がほころび始めたこの季節。楽しみなのは2005年から始まったバンクーバー・チェリーブロッサム・フェスティバル(Vancouver Cherry Blossom Festival、バンクーバー桜まつり)。

 例年だと4月の約1カ月にわたり、スカイトレインのバラード駅でのチェリージャムダウンタウン、バンデューセン植物園でのサクラディ・ジャパンフェアなど市内各地でさまざまなイベントが行われる。

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、残念ながら中止となった。しかし15回目を迎える今年はバーチャルで開催される。バンクーバーにいなくても、自宅にいながら、バンクーバーの桜を満喫することができる。

 フェスティバルの公式ウェブサイト(www.vcbf.ca)には、美しいバンクーバーの桜の景色が多数掲載され、すでに満開。バンクーバーに春の訪れを告げている。

ツリートーク&ウォーク

バンクーバーの桜の街路樹 ©Yayun Cao
バンクーバーの桜の街路樹 Photo courtesy of ©︎ Yayun Cao/ Vancouver Cherry Blossom Festival

 例年なら知識豊富なガイドの桜の紹介を聞きながら、散策するのが楽しいツリートーク&ウォーク。今年は既にウェブサイトで過去の写真と英語説明が公開されている。地域別でおおよその開花時期や桜の種類が確認できて便利。

 たとえば、スタンレーパークは曙にはじまり白普賢まで、4月中さまざまな種類の桜が開花する。ストラスコナ地域は3月半ばから下旬までアーコレード、ブリティッシュコロンビア大学は3月下旬から4月初旬までローワーモールのソメイヨシノが見頃を迎える。

 実際に開花が進むとウェブページで最新情報の公開も予定されている。

ツリートーク&ウォークのウェブページ
https://www.vcbf.ca/community-event/tree-talks-and-walks

BLOOM!

 学校を対象としたカナダの生徒向けに日本人が桜を愛する文化や英語での俳句の作り方などを紹介するアウトリーチプログラム。

 桜はバラ科であること、幹や花芽の付き方による桜の木の見分け方など、基本的な桜の説明もある。 

Bloom!の動画のスクリーンショット©Vancouver Cherry Blossom Festival
Bloom!の動画のスクリーンショット Photo courtesy of Vancouver Cherry Blossom Festival

https://www.youtube.com/watch?v=uhAgLk2js_s

BLOOM! Activity Kit

 桜をテーマにしたパズル、ビンゴ、塗り絵、俳句の作り方、桜の種類の見分け方などが含まれたKit。アウトリーチプログラムのツールとして学校で使用するために用意されたものだが、誰でもVCBFのウェブサイトでダウンロードできる。

https://www.vcbf.ca/wp-content/uploads/2019/10/VCBF_BLOOM-ACTIVITY-KIT.pdf

サクラディ・ジャパンフェア 

 例年だとバンデューセン植物園で開催されるサクラディ・ジャパンフェア。パフォーマンスやワークショップなど楽しいイベント満載だが、今年は バーチャルでオンライン開催となる。

 最終プログラムはまだ公開されていないが、トモエアーツによる春の踊り、裏千家淡交会バンクーバー協会、書道家の姫洲(きしゅう)さん、詩人の高山宙丸(たかやま・そらまる)さん、和菓子コーディネーターの荻島美佐恵さんの参加が予定されている。姫洲さんの書道ワークショップは、3月20日に申し込みの受け付けが始まっている。

https://www.vcbf.ca/community-event/sakura-days-japan-fair

ショートフィルム『In Full Bloom』

 4月下旬にウェブサイトはバンクーバーの桜をテーマにしたショートフィルムを公開予定。ドローン操縦士パトリック・ワイアーズさんが小型ドローンを使って、木の枝の間を縫うように撮影する、一味違ったお花見を楽しむことができる。

 3月19日現在、ショートフィルムがどのようなものになるのかパトリック・ワイアーズさんが説明するビデオを公開している。ビデオ開始2分ごろから、フィルムのイメージを視覚的に試すことができる。異なった視点から見る桜で興味深い。

ショートフィルムのイメージを制作者が説明/ Vancouver Cherry Blossom Festivalのvimeoビデオ

俳句の作り方(How to Haiku)ワークショップ

 Zoomを使ってオンラインで英語での俳句の作り方を学ぶ。4月17日(土)10:00 am〜、2:00 pm〜(約2時間)

 参加申し込みは3月22日からの予定。

https://www.vcbf.ca/community-event/apr-17-2021-how-to-haiku-workshop

ファンドレージングディナー、Sakura at Home

 非営利団体バンクーバー・チェリーブロッサム・フェスティバルでは期間中に、ファンドレイジングディナーを行う。会場でディナーを楽しむ『サクラナイト』は、今年は4月25日にテイクアウトで。桜をテーマにしたメニューを自宅で味わえる。

 Burdock & Co.(バードック&カンパニー)、Miku Restaurant(ミク)、Salmon n’ Bannock(サーモン・エン・バノック)などから選ぶことができる。1人分161.62ドル(手数料 9.12ドル込み)、ウェブサイトから申し込む。

 カナダ在住者には税金申請用に100ドルの領収書を発行。

https://www.vcbf.ca/community-event/sakura-at-home

Cherry Blossoms For You & Me

 カナダの音楽祭ジュノー音楽祭で受賞しているトム・ランダとロビン・レーンが作曲したフェスティバルテーマソング “Cherry Blossoms For You & Me(2018)”。この曲をバンクーバーのクライストチャーチ大聖堂で300人が大合唱するビデオも公開されている。

クライストチャーチ大聖堂で300人が大合唱 / Vancouver Cherry Blossom FestivalのYouTubeビデオ

(取材 西川桂子)

合わせて読みたい関連記事