バンクーバー便でマスク着用を拒否した乗客に罰金1000ドル

760
Vancouver Airport, British Columbia; Photo © the Vancouver Shinpo

 カナダ運輸省は9月4日、航空機内でマスクの着用を拒んだ乗客二人対して、1000ドルの罰金を科したと発表した。うち一人はバンクーバー発のフライトを利用していた。

 マスク着用を拒否した二人はそれぞれ
*6月14日 ウエストジェットのカルガリー―ウォータールー(オンタリオ州)便
*7月7日 ウエストジェットのバンクーバー-カルガリー便
に搭乗していた。

 バンクーバー新報からの問い合わせに対してカナダ運輸省は、「二人とも客室乗務員の再三にわたるマスク着用の要請を拒否。カナダ運輸省では状況について詳しく調査を行った上で、二人に対して正式に罰金を科すことになった」と語った。

 乗客の詳細情報については、カナダ運輸省ではプライバシーの問題から回答できないという。

 4月20日よりカナダの空港において出発および到着する全てのフライトの搭乗者は、空港のスクリーニング・チェックポイントや機内で非医療用マスクの着用が義務付けている。

合わせて読みたいニュース記事
ヌーディストビーチ、レックビーチでクラスター
BC州政府、新学期から一部マスク着用へ
トランスリンク、マスク着用義務化へ
BCフェリー乗員が新型コロナウイルスに感染
VCC駐車場にPCR検査所を新設
高級レストラン、ホークスワースでもクラスターか?