マニトバ州、ワクチン証明書があれば隔離なしに

258

 ワクチン接種を完了したマニトバ州民は、ワクチン接種カードがあれば、2週間の隔離なしで州外から移動することができるようになる。同州のブライアン・パリスター首相が6月8日にプレスコンファレンスで発表した。

 カナダ国外、もしくはマニトバ州外からマニトバ州に入ると、6月11日現在、到着してから2週間、自己隔離する必要がある。

 「ワクチン接種を完了すれば、他州からマニトバ州に戻っても2週間の隔離を求めないというのは、接種完了者に対する最初のメリットの一つ」とパリスター首相は述べた。

 現在、行われている海外からカナダに航空機で入国した際のホテル、およびその後の隔離は、カナダ連邦政府が渡航者に求めている。
 
 さらに同州で病院や介護施設を訪れる際に、患者や入居者、および訪問する側の双方ともワクチン接種を完了している場合は、訪問についての制限を緩和するという。

ワクチンカードの発行を受けるには
• マニトバ州の保険証を所有していること
•2回のワクチン接種を完了していること 
•2回目の接種から14日経っていること
との条件がある。

 2回目接種から14日というのは、本格的な効果が確認されのは、2回目接種後2週間後とされるため。

 州民からの「新型コロナウイルス感染拡大により現在できなくなっていることを、もう一度できるようにすることが、ワクチン接種の最大のインセンティブ」という声に応えるかたちで今回の発表が行われた。

 マニトバ州でのワクチンカードの取得はシンプルかつ安全で、2回目接種を受けて2週間すればオンラインでカード発行を申請できる。(https://immunizationcard.manitoba.ca/

 カードには個人の健康情報やデータは含まれず、持ち主の氏名(ファーストネームとラストネーム)とQRコードが表示されている。カードをスキャンすると、持ち主のワクチン接種が終わっているか分かるという。

 マニトバ州は6月10日付けで過去7日間の人口10万人あたりの感染者数125人で、カナダの州や準州の中で最悪となっている。
 
 そのほかの州は、オンタリオ州が29人、ブリティッシュコロンビア州22人、ケベック州16人、アルバータ州34人。