アボツフォード、ミッション以東のフレイザーバレーで規制強化

717

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、アボツフォード、ミッション以東のフレイザーバレー東部で、9月28日より規制が再強化される。ブリティッシュ・コロンビア州の衛生管理局長ボニー・ヘンリー博士らが会見で発表した。

 規制再強化については、アボツフォード、ミッション、チリワック、アガシ、ハリソンホットスプリングズ、ホープのフレイザーヘルス東部地域が対象となっている。

 これらの地域は、バンクーバーコースタルおよびフレイザーヘルスの保険局が管轄している、ほかの地域と比べて、人口あたりの感染者数が多い。一方、新型コロナウイルスのワクチン接種率については低い。

規制の再強化により個人宅での集りは
・屋内での社交的集まりを行う場合は、居住者に加えてゲスト5人または別の一家族まで。
・屋外での社交的集まりを行う場合は、12歳以上の参加者でワクチン接種を完了していない人がいる場合は、居住者に加えてゲスト10人まで。参加した人は、トイレを利用する以外の目的で屋内に移動することはできない。

ウェディングや会議のような計画して行う集まり・イベント
・計画して行う集まり・イベントでは、12歳以上の参加者でワクチン接種を完了していない人がいる場合は、屋内なら10人、屋外50人まで。
・主催者やホストはワクチンカードで接種状況を確認する。
・主催者やホストは全参加者の氏名、電話番号、EMAILアドレスといった情報を集めておく。

映画、演劇、スポーツ観戦
・ワクチン接種を完了している人のみ。

スポーツ
・屋内での大人のスポーツ、エクササイズ、フィットネスは運動の強度に関わらず、ワクチン接種を完了している人のみ参加可能。
・屋外での大人のスポーツは、参加者全員がワクチン接種を完了していない場合は、最大50人まで。

職場
・屋内の職場では常にマスクを着用する。

 会見でヘンリー博士は「ワクチン接種率を上げて、コミュニティでハイリスクの状況にあるエリアでの感染率を減らすために、行動をとる必要がある」とフレイザーヘルス東部で規制強化に踏み切った理由を説明した。

合わせて読みたい関連記事