ホーガン州首相の腫瘍は悪性

889

 ブリティッシュ・コロンビア州のジョン・ホーガン州首相の咽の腫瘍は悪性だったと、4日の声明で明らかにした。首相は10月29日に手術を受けた。

 ホーガン州首相は首のしこりに気付いた後、医師を訪れて、数週間にわたり多数の検査を受けてきた。喉部に腫瘍があることが分かり、29日に手術を行った。手術は成功したが、病理検査の結果、腫瘍はガンであったことが分かったという。

 今後2週間の間に放射線治療を開始する。終了は12月末にかけてを予定している。

 「医療チームの素晴らしいサポートに感謝している」というホーガン州首相は、「予後は良好で、完全に回復することを予測している」と声明の中で述べている。

 放射線治療を終えるまでの期間、ブリーフィングや閣議、その他、連邦評議会のような特に重要な会議にはバーチャルで参加する。インパーソンで出席が必要なイベントには、副首相に任命されたマイク・ファーンワース大臣やその他閣僚が参加する。

 ホーガン州首相は2008年にも膀胱ガンの治療を受けている。

合わせて読みたい関連記事