カナダで2020年の殺人事件、91年以来最悪の数字に

877

 カナダ統計局が2020年他殺による死亡者が743人にのぼったと発表した。1991年以来最悪の数字で、2019年から56人増えた。10万人あたりの犠牲者数で19年から7%増となった。

 743人の中には、カナダ史上最悪となったノバスコシア州での銃撃事件の被害者22人も含まれている。

 カナダ統計局では新型コロナウイルスの感染拡大が、カナダ社会に大きな影響を与えたとしている。パンデミックが始まった2020年の犯罪深刻度指数(CSI)は前年比で8%下がったが、殺人発生率が上昇した。

 殺人事件はカナダのすべての暴力犯罪のうち0.2 %と、比較的まれな事件ではあるという。CSIは警察に報告された全ての犯罪を用いて、カナダ統計局が算出している指数。

 州別で1年間で特に大きく増加したのはアルバータ州とノバスコシア州。ノバスコシアは4月に起こった銃撃事件によるためで、アルバータ州ではカルガリーとエドモンズで増えた。

 都市別でみるとトロントが最も多いが、これは人口も多いためで、年間の被害者数は19年より25人減った。被害者については4人に一人が「ビジブルマイノリティ」だった。

 暴力事件被害者の支援団体らはロックダウンやステイアットホームによる影響、収入減や失業による家庭内暴力の増加についても指摘している。2020年3月にカナダ統計局が行った調査で、カナダ人の8%が家庭内での暴力を懸念していると答えた。

地域2019年2020年
カナダ全体687743
オンタリオ州トロント130105
ケベック州モントリオール4542
BC州バンクーバー4145
アルバータ州カルガリー2439
アルバータ州エドモントン3247
オンタリオ州・ケベック州オタワ/ガティノー1310
マニトバ州ウィニペグ4441
Source: Statistics Canada, Homicide Survey, Canadian Centre for Justice and Community Safety Statistics.