カナダ西部で極寒警報

208

世界で最も寒い地域、上位15位中13地域はカナダ

 北極圏からの寒気がクリスマスを前からカナダ西部に流れ込み、カナダでは西部を中心に猛烈な寒波に見舞われている。

 バンクーバーでは24日から雪が降り始め、25日はホワイトクリスマスとなった。バンクーバー周辺では、12月の平均最高気温は4.7度、最低気温2度 (Weather Atlas)で氷点下まで下がることは珍しい。ホワイトクリスマスは2008年以来、13年ぶりという。 

 カナダ環境・気候変動省では現在、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州、アルバータ州、サスカチュワン州の大部分などに極寒(Extremely Cold)警報などを出して警戒を呼び掛けている。

 世界の天候を伝えるウェブサイト、 WX-Nowが26日午後に発表したによると、発表時点で世界で最も寒い地域の上位15位のうち、13地域はカナダだった。カナダ以外ではロシアのヤクーツクとハバロフスクがランクインしている。

地域気温
ワトソンレイク(ユーコン)-43.9℃
ヤクーツク(ロシア)-42.2℃
リンドバーグランディング(ノースウエスト)-40.6℃
ディーズレイク(BC)-37.2℃
ハバロフスク(ロシア)-37.2℃
テスリン・マリン・アビエーション・リポート・ステーション(ユーコン)-36.7℃
コッパーマイン(ヌナブト)-35℃
フォートシンプソン(ノースウエスト)-35℃
テスリン(ユーコン)-35℃
ストー二ー・ラピッド(サスカチュワン)-33.9℃
フォートネルソン(BC)-33.9℃
ドーソンクリーク空港(BC)-33.9℃
リゾリュート(ヌナブト)-33.9℃
ファロ(ユーコン)-33.9℃
フォートセントジョン(BC)-32.8℃  

合わせて読みたい関連記事