バンクーバー市がプラスチック製レジ袋を禁止

731

 バンクーバー市がプラスチック製レジ袋を禁止し、コーヒーや紅茶など飲料用カップ提供を有料化する条例を2022年1月1日に施行した。

 これにより、植物由来のものやコンポスト可能、生分解性素材のプラスチック製レジ袋も禁止された。条例は同市内のスーパーなど小売店やレストランと全ての業界が対象となる。

 店舗側はプラスチック製の袋にかわり、紙袋かエコバッグを、それぞれ最低15セント、1ドルで販売することが求められる。料金にはGSTとPSTが上乗せされるほか、2023年には紙袋1ドル、エコバッグ2ドルに値上げされる。

 エコバッグは100回以上繰り返し使用でき、主に、綿やキャンパス地、ポリエステルのような布製とする。一方、量り売りの商品や野菜、ドライクリーニングの洋服などに使うプラスチック製袋は、引き続き使用することができる。

 紙袋についても細かい規定があり、再生紙40%以上であると同時に、袋に“recyclable(リサイクル可能)” 、 “made of 40% recycled content(再生紙40%)”、 “made of 40% post-consumer recycled content(リサイクル資源40%使用)”などと表示する必要がある。

 条例で定めた料金は最低料金で、店舗側はこの金額以上を請求することもできる。

 また、自分のカップではなく、使い捨て飲料用カップを利用する利用者は、最低25セントを支払うことになる。コーヒーや紅茶以外にバブルティーの使い捨てカップも対象となっている。店舗における使い捨てカップの使用総数ついては、2023年の営業免許更新から市に報告が求められる予定。

 バンクーバー市によると2018年に廃棄されたプラスチック製レジ袋は8900万枚、紙袋は400万枚だった。またGreat Canadian Shoreline Cleanupが、2019年に海岸線で見つかったゴミで6番目に多かったのがプラスチック製レジ袋だったと明らかにしている。

 カナダ保健省では、エコバッグを洗剤と熱湯を用いてこまめに洗うことを勧めている。

バンクーバー市が条例施行をTwitterで投稿。

合わせて読みたい関連記事