BC州でワクチンカード提示義務終了、70歳以上には春のブースター接種

220

 ブリティッシュ・コロンビア(BC)州衛生管理局長ボニー・ヘンリ―博士とエイドリアン・ディクスBC州保健大臣は4月5日に会見を行い、州政府の新型コロナウイルス感染対策の変更を明らかにした。

 同州では高齢者や55歳以上の先住民を守るため、長期療養施設や介護付き住宅で暮らす70歳以上の高齢者および、55歳以上の先住民を対象に「春のワクチンブースター」を開始する。

 3回目の新型コロナウイルスワクチン接種から6カ月を経過した人には、ブースター接種の招待が送られるという。

 招待を受けると、バンクーバーコースタルやフレイザーヘルスなど保健局管轄のクリニックやプログラムに参加している薬局で接種の予約をすることができる。オンラインでの予約が難しい人向けに、コールセンターも引き続き利用できる。

 ブースター接種はファイザー製かモデルナ製ワクチンのいずれかとなる。また3回目接種を受けていない人についても、できるだけ早急に受けることを勧めている。

 そのほか会見ではワクチンカードやワクチン接種義務などについても述べた。

・4月8日午前12時01分以降、イベントやレストランなど各種サービスの利用時にBCワクチンカードの提示は不要になる。ただし、各社、各店・サービスが独自で引き続き提示を求めることもできる。
・大学などの中等後教育の寮に住む場合、ワクチン接種を終えていることが条件となっていたが、この取り決めを撤回する。

 また、新型コロナウイルスの感染者数、入院患者数、死亡者数は、週末を除き、毎日発表されていたが、7日から1週間に1度となる。


合わせて読みたい関連記事