カナダへの渡航者が大幅に増加

518

 カナダへの渡航者・入国者数が、イースターのロングウィークエンドだった4月11日から17日の間で100万人を超えた。カナダ国境サービス庁(CBSA)が22日に明らかにした。

 2019年のイースター時期4月15日から21日までの間では1,875,542人だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりその数は約1割まで激減。2020年4月6日から12日は126,759人、2021年3月29日から4月4日は214,055人だった。2022年4月11日から17日は1,053,523人となった。

 CBSAは、これから夏の旅行シーズンにかけて、渡航者の数はさらに増えると予測していて、国境での待ち時間を短縮するための準備に取り組んでいるという。

 一方、渡航者には、ArriveCANを用いてワクチン接種情報をはじめとする情報提出を到着の72時間以内に行うなど、必要な手続きを終えておくよう呼び掛けている。

合わせて読みたい関連記事