CFL今季の開催を断念

305

 カナディアン・フットボール・リーグ(CFL)は今季の開催を断念すると発表、2020年シーズンの中止が決定した。

 通常なら6月に開幕していたはずのCFLだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズン開幕がずれ込んでいた。

 7月21日にはマニトバ州政府が全面的な協力をすることで、同州ウィニペグをハブシティとする対策を発表。今月14日にはカナダ公衆衛生局副局長ハワード・ヌー博士が会見で、CFLのハブシティプランはよくできていると語ったばかりだった。

 しかし、新型コロナの影響で財源の確保が厳しいことから、8月3日に連邦政府へ無利子の3000万ドル融資を申し出ていた。

 CFLコミッショナーのランディ・アンブロージー氏は、カナダ政府とは何度か話し合いをしたが結局CFLが望む支援は受けられなかったと声明で語っている。

 CFLがシーズンを中止するのは1919年以来のことだという。北米プロリーグで最も長い歴史を持つとされている優勝チームに贈る優勝杯グレイカップは100年ぶりにどのチームの手にも渡らないシーズンとなる。

 それでもオンタリオ州ダグ・フォード州首相は会見で「CFLファンとして、なんとか開催する道を模索してほしい」と開催を熱望した。

 CFLはカナダ独自のアメフトリーグで、カナダに本拠地を置くプロスポーツリーグとしては唯一アメリカとリーグを共有していない。

 全国に9チームあり、6月に開幕し、11月のグレイカップ優勝戦で幕を閉じる。今季開催されれば、9月からの短いシーズンとなる予定だった。

合わせて読みたいニュース記事