保守党オトゥール党首も自己隔離

389

 連邦保守党エリン・オトゥール党首が自己隔離していることが16日分かった。党が発表した。

 オトゥール党首のスタッフの一人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたためで、党首の家族や他のスタッフも自己隔離していると発表した。オトゥール党首は最近感染が確認されたスタッフと一緒に移動していたという。

 オトゥール党首と家族は16日にガティノーで検査を受けたと声明で明らかにした。その中で、最初に訪れたオタワの検査所の状況を報告。「何時間も待たされた結果、検査許容数に達したため帰された」と検査を受けられなかったと語っている。

 オタワの検査所での次の検査可能日が18日だということで、国会議員とその家族が検査を受けられるガティノーまで行って16日に検査を受けたと経緯を説明した。

ケベック連合党首も自己隔離

 ケベック連合党イヴ-フランソワ・ブランシェット党首も14日から自己隔離している。党事務所のスタッフが感染していることが確認されたためと説明。

 国会は9月23日に再開するが、連邦5党のうち2党の野党第一党、第二党の党首が相次いで自己隔離となった。

合わせて読みたいニュース記事