全国で新型コロナ感染者急増、ケベックでは規制を強化

539

 全国的に新型コロナウイルス感染者数が急増している。

 10月1日ケベック州では1日の感染者が933人、死亡した人は16人と報告された。同州で900人を超えるのは5月8日以来。

 カナダの中でも最も感染者が多いケベック州。それでも感染防止対策が功を奏し、8月の少ない時には1日の感染者が46人まで減少した日もあった。しかし8月後半から再び増え始め、9月に入り急増。累計はこの日75,221人となった。

 そのため、モントリオール、ケベックシティ、ショディエール-アパラッシュ地域ではこの日から最短でも28日間の新たな規制の実施に入った。

 オンタリオ州でも9月28日には1日の感染者が700人とこれまでの最多を記録。オンタリオ州公衆衛生局長デイビッド・ウィリアムズ博士は、ダグ・フォード州首相らと臨んだ今日の会見で、必要であればステージ1の規制に戻すこともあり得ると語った。

 アルバータ州、ブリティッシュ・コロンビア州でも感染者は8月後半から増加している。

 全国的に死亡者数こそ急増していないものの、入院患者数は確実に増え、医療機関への影響が懸念される中、カナダ公衆衛生局長テレサ・タム博士やジャスティン・トルドー首相も国民に「一人ひとりが感染防止策を徹底する必要がある」と注意を喚起した。

 トルドー首相は会見で、10月12日のサンクスギビングには間に合わないが、今行動にうつせばクリスマスを家族で楽しく迎えることができる、国民一人ひとりの行動にかかっていると訴えた。

合わせて読みたいニュース記事