グリーン党新党首はユダヤ系黒人女性

391

 連邦グリーン党の新党首が決定した。オンタリオ州オタワで今月3日に実施された党首選で8回目の投票までもつれ込み決まったのはアナミー・ポール氏。連邦政党としては初の黒人女性党首が誕生した。

 新民主党(NDP)ジャグミード・シング党首に続いて2人目の非白人党首となる。

 これまで女性党首としては、NDPオードリー・マックラフリン元党首、保守党キム・キャンベル元党首(カナダ初の女性首相)、グリーン党エリザベス・メイ前党首がいる。

 ポール氏は弁護士で、国際機関での経験が長いという。党首就任後のあいさつでは、「今夜が歴史的な瞬間として認識されることになるだろう」と述べ、グリーン党はこれまでカナダの政治に新しい風を吹き込んできたがまた新たな一ページを開いたと語った。

 ポール氏は現在議員でないため、国会ではメイ前党首が党首代行を務めると発表している。

 これで野党では9月24日に保守党エリン・オトゥール党首誕生したのに続いての新党首誕生となった。

トロントでの補欠選挙に出馬、NDPをけん制

 ポール氏は今月に実施される補欠選挙に出馬することを表明した。自由党政権は、10月26日に2選挙区で補欠選挙を実施することを発表している。

 その一つがオンタリオ州トロントセンター選挙区。8月に辞職したビル・モルノー前財務大臣の選挙区で1993年から自由党の当選が続いている。

 前回選挙にも出馬したポール氏だが次点だった。今回は初当選を狙う。そのためにNDPに候補者を出さないようメイ前党首が会見でけん制した。

 NDPシング党首がブリティッシュ・コロンビア州バーナビー・サウス選挙区の補欠選挙に立候補した時には党首が立候補するということでグリーン党が候補者を出さなかったという経緯がある。その行為にシング党首は「粋な計らい」と感謝していた。

 メイ前党首は「シング党首に考えてもらいたい。NDP議員にシング党首へ『連邦初の黒人女性党首が国会に挑もうとする行為を妨害することが粋な計らい』なのか考えるよう説得してもらいたい」と語った。

 グリーン党は現在3議席を保有している。

合わせて読みたいニュース記事