ケベックが12/25から1/10までミニロックダウンに

1078

 累計の新型コロナウイルス感染者数がカナダ最悪のケベック州が、ミニロックダウンに踏み切った。フランソワ・ルゴー州首相が12月15日に発表したもので、期間は12月25日から1月10日までの2週間。

 今回の措置はクリスマスシーズンを利用してコロナ拡大を抑えたいというもので、ケベック州全体で必須ではないビジネスは閉鎖となる。さらに12月17日から1月10日までは組織運営に必要な場合を除き、オフィスで就業している場合はテレワークが義務化となる。

 ミニロックダウンの間も、
・食料品店
・薬局・ドラッグストア
・ペットフード
・医療品
・清掃用品
・コンピュータ機器
・自動車部品(修理工場は修理のみ。自動車の販売は不可)
・農業機器、肥料
・コンビニエンスストア
・州運営のアルコール店
・州運営の大麻販売店
は営業を許可されている。

 美容院やスパは休業。レストランは感染警戒レベルにより、テイクアウトのみか、店内飲食が可能でも1グループ6人など規則に従っての営業となる。

https://www.quebec.ca/en/health/health-issues/a-z/2019-coronavirus/list-commercial-enterprises/

合わせて読みたいニュース記事