カナダ政府の入国規制強化早ければ2月4日に実施か

354

 カナダ政府は本格的なスプリングブレイク(春休み)が始まるのを前に、現在実施されている入国制限をさらに強化すると1月29日に発表した。

 1月31日にCBCのラジオ番組に出演したオマー・アルガブラ運輸大臣は、早ければ2月4日にも空港でのPCR検査とホテル滞在義務化を実施すると語った。

 ジャスティン・トルドー首相は1月29日、新型コロナウイルス感染拡大防止策を強化する目的で、水際対策として、航路で入国するすべての渡航者に対して空港で新型コロナ検査し、結果が出るまで政府が指定するホテルに最長3日間自費で隔離することを義務化するという。隔離中の滞在費は最低2000ドルかかるとしている。

 理由はスプリングブレイクを控えて、海外旅行へ行かないよう促すためと、変異株がこれ以上入ってこないためと説明した。

 これに加えて、スプリングブレイクやスノーバードに渡航先として人気のあるメキシコや中米への運航を停止するようカナダの航空会社に要請し、エアカナダ、ウエストジェット、サンウィング、エアートランザットが1月31日からこれらの目的地への便を4月30日まで停止した。

 スノーバードとはカナダ寒い冬の期間を、アメリカ南部やメキシコなどの暖かい場所で過ごす、主に定年した高齢者を指す。規制が実施されれば、すでにそれらの地域に滞在している人々にも影響がある。

 アルガブラ運輸大臣はラジオ番組の中で、「すべてのフライトを禁止することも考慮している」と語っている。ただそうするとカナダにとって必要不可欠な製品やサービスにも影響が出るため慎重に検討する必要があるとも語った。

合わせて読みたいニュース記事