カナダ、アストラゼネカ社ワクチンを承認

1461

 カナダ保健省が26日、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチンを承認した。カナダで承認されるワクチンは米ファイザーおよびモデルナ社のワクチンに続き3種類目となる。

 アストラゼネカ製ワクチンは、世界保健機関(WHO)が2月15日に緊急使用を承認していた。また、アストラゼネカ社はカナダで10月1日に申請を行っていた。

 カナダ政府は、18歳以上を対象にアストラゼネカ製ワクチンの接種を承認する。現在、ファイザー社ワクチンは16歳以上、モデルナ社ワクチンはアストラゼネカと同様、18歳以上が対象となっている。

 接種の回数はファイザー、モデルナと同じ2回で、2回目接種は1回目の4~12週間後とされている。

 日本のアストラゼネカ株式会社のプレスリリースによると、同社開発のワクチンはオックスフォード大学とそのスピンアウト企業であるVaccitechによって共同で発明された。チンパンジー由来の一般的な風邪のアデノウイルスを弱毒化し、体内で増殖しないように処理をして、そこにコロナウイルス表面のスパイクタンパク質の遺伝物質を組み込んだものを使用する。

 ワクチン接種後、ウイルスの表面のスパイクタンパク質が体内で形成され、実際に新型コロナに感染した時に、ウイルスを攻撃するよう免疫システムが刺激されるという。

 一方、ファイザー、モデルナ社はメッセンジャーRNA(mRNA)技術を用いている。

 オックスフォード大学が実施するプログラムに加えて、アストラゼネカは米国および他の世界各国で大規模な臨床試験を実施している。

 2月5日の同社プレスリリースによると、アストラゼネカのCOVID-19ワクチンは、EU、ラテンアメリカ諸国、インド、モロッコ、英国を含む4大陸、約50カ国ですでに条件付き製造販売承認または緊急使用が許可されているという。

合わせて読みたいニュース記事